病みあがりの夜☆空に・・・REMAINDERS

EROS & PEACE !!

 

 

ZARDの泉水ちゃんが死んでしまった。

一昨日 仕事中の携帯RSSの速報で知った
ほんと残念です。

享年40歳
オレと同じ歳で
癌による闘病 さらに転移しているという事実。
・・・・・・・
なんともコメントしようがない。

パンク、ヘビメタ、ブルース、ソウル、演歌
なんでも聴くオレだが
泉水ちゃんの声が好きだった。
泉水ちゃんの書く詩も。

あらためて
ZARDのボーカリストだった
坂井泉水さんのご冥福をお祈りします。

合掌。

残念なことだな

 

 


 

 




ジライヤの新しいアルバムがきた。

予約特典として
柴山”菊”俊之
サンハウス時代~菊花賞までの貴重な音源が入った
オリジナルのCDがついてる

もちろんジライヤのライブを収めたDVDもある。



 

 


 

 

学園のブログに
スルガカップのメンバーがのっていた。

番号はでかいが、マサルの名前もある。

がんばれよな

ロマーリオのDVD
もうちょっと待っててくれよ!


OB

 

 


 

 

今回の名神集中工事は例年に比べると工事実施箇所が少ないのか
ほとんど渋滞が無い。
あいかわらず、延々と続くパイロンは例年と変わらないけれど
車線規制区間だけがあるだけで
渋滞を抜けるのに2時間も3時間もかかるといったことがないから
助かるには助かるが、ちょっと拍子抜け。

一昨年の冬 
雪や凍結で延々と通行止め&渋滞があったけど
あのとき言われていたのが
民営化による除雪作業の遅れ 人員不足 凍結防止剤の節約。

今回の工事も
例年あれだけ大規模な工事をしてきたのに・・・
なんで今回は?と思えてしまう。

告知CMは大規模だったようだが。


20070525142417.jpg


今回は一宮ジャンクション~東海北陸道へ迂回
川島PAハイウェイオアシスで休憩。
ちょっと散策もしてみました

まぁ、もっさいオヤジが二人でウロウロするところじゃありませんね 笑


名神集中工事2

 

 


 

 

ノートPCが欲しいのだが

MacBookってどうなんだろうか?

そもそもMacの良さとは どんなところなんだろう?

現在Winを使っていて そんなに不満はないのだが
それでもMacの良さが魅力あるものなら
Macにしようかなと思う。

MacBookPRO ( ・∀・)イイ!!
でも高い・・・


なんでMacを・・・?
と 考えてみる
う~ん なんでだろ。。。

Macの良さを教えて欲しい。

 

 


 

 

ついに名神の集中工事がはじまりましたぁ~
(;´д`)

あいかわらず初日の混雑は物凄い。


ちょうど、帰りの荷物は丹波市からだったので
そのまま日本海廻りで埼玉まで帰ってきちゃいました。

吹田から丹波 舞鶴道で小浜まで出て
敦賀から北陸道~上越で上信越~関越というルートで
約890キロ。
丹波を15:30に出て 
途中、風呂と食事で2時間休憩しただけで
ずっと走りっぱなし。
さいたま市到着は朝4:00でした。

なげぇ~

何年ぶりだろうか 久しぶりに北陸道を走って
遠いけど面白かった。
福井 石川 富山
お袋が福井で育ったので
北陸には親戚が多い。

それにしても あちこち明るくなった。
夜遅くまでやってる大型店舗とかが増えたんだね
ちょっとびっくり。

小松のところじゃ
上空を旋回して待機していた飛行機が
オレの頭上を低空のまま滑走路にむかっていったり

ああ そーだ敦賀からのってすぐ
水平線が真っ赤なラインになっていたのも
すごく綺麗だったな。

有磯海SAはいつ行ってもやばい。
酒のアテになるもんがたくさんΣ(・∀・;)


集中工事期間中は北陸廻りがいいわ。
(`ω´)グフフ



北陸道

 

 


 

 





とうとう、不老泉 赤ラベルも呑みつくしてしまった。

で、次は天地の唄。

予想していたより しっかり味がある。

天地の唄

 

 


 

 




改憲によって

アナタにも息子にも旦那にも
彼氏にも
お兄さん弟にも
赤いラブレターが届く時代になるのかもしれない。


赤いラブレター

 

 


 

 





ずいぶんと前に嫁と長女、それと仲間のセブンスター氏の家族で東京ドームへ観戦に行ったときにゲットしたのが このボール。

(あとで調べたら、野茂が凱旋帰国したときだったので1996年と判明)

ライトスタンドに陣取り メジャーの選手たちの打撃音に驚きながらも
ワクワクしながら観ていた。
残念ながら野茂は投げなかったが
センターに松井秀 ライトにイチロー。
二人のキャッチボールなんて
これだけでもじゅうぶん。

なのにこれがまた、イニングごとにそのボールをスタンドへ投げ入れてくれるもんだから 餌を取り合うツバメの雛 いやいや そんなもんじゃないな
餌を取り合うピラニアのごとく 客席が大変なことに。。。

そんな中、イチローが投げ入れたこのボール
イチローの体の向きと放たれたときの腕の角度は
そんなにオレとは離れていないであろうところが落下地点。
と一瞬で判断。
(さすがに元野球小僧である)
そんな絶好のチャンスを逃さず 並びの座席に乗り 
横っ飛びいちばん
ドームの屋根をバックに浮かび落ちてくるボールはいち早くオレの手の中に
収まった。笑

もっとも その後 ボールにイチローと松井にサインをしてもらったわけじゃないが
 イチローと松井 それとオレの指紋がバッチリとついているのは
まちがいない。


日米野球の思い出

 

 


 

 

ゲ━━━━━(σ・∀・)σ━━━━━ッツ!!!!

さいたまシティカップのチケットがとれました。
やはり平日開催なので比較的楽だったのかな。

ゴール裏ですけど
楽しみですねぇ~。
((o(´∀`)o))ワクワク


やりぃ!

 

 


 

 

今年も開催されるようです。

※AFCから中止要請が出ているようですが。

開催日やチケット等 
詳しくはこちらをご覧ください。

個人的にプレミアはあまり好きじゃないので観ませんし
詳しくないですが
ルーニー Cロナウド 観たいので
県民優先チケットの申し込みをしました。
もちろん自由席。
指定席は高い(;´д`)トホホ…

平日開催だから(σ・∀・)σゲッツ!!できるかも。。。




さいたまシティカップ

 

 


 

 

この前 夜のニュースで言ってた。

『子供のために自分の時間を犠牲にしたくない』

という女性は日本が一番多かったということらしい。
(たしかこんなかんじだった)

なんとなくわかる気がしなくもない。


息子が少年団にいたころ
よく見た光景に、応援に来ている母親たちが
キャンプに使うようなテーブルにパラソルをさして
お茶やらお菓子やらを飲み食いしながら井戸端会議。
「せっかく観に来てるのに ドリブルばかりでつまらない」
「もう負けちゃって あと閉会式まで暇だわねぇ」
「私だって忙しいんだから 勝ってくれないと来た甲斐がない」
「お金だしてるのは私なんだからね」

勝ち進んでいるところはまだいいが
早々に敗退してしまったチームは大変だ。

ときには わざと監督やコーチに聞こえるように
前出のような会話をすることもあった。
(監督 コーチが若いと特にそうだ)

だったら来なけりゃいいのにな!


そのあと自分たちの理想に近いクラブをつくろう!
となったわけだが
まず考えたのは 試合にせよ 練習にせよ
最後はみんな○で帰そうということと
親はどんなことでもいいから 良かったところを一つみつけて
褒めてあげてくれということだった。

それをどう保護者に伝えるか
自分も肝に命じて。

ほんと難しいことだ

どうしたって、悪いことのほうが目に付くから
試合後 練習後 できなかったことを注意して終わりにしてしまいがちだし
送迎の車中で親が言うことも失敗を責める
できないことを責める ことが多いはず。

そこをどれだけ我慢できるか。

悪いこと できないこと やってないこと
わかってはいても
それを腹にしまい込んで
ぐっと我慢すること。

言葉にすれば 簡単なことのようでいて
実はとっても難しい。

だって もっと良くなって欲しいと思い 願うからこそ
×出しをするんだからね。
でも、子供は楽しいことほど 夢中になるし
上達もするんだと思う。

よい指導者って
どれだけ子供たちに信頼されているか
だと思うんだよ。

この監督に見ていてもらいたい 褒められたい

子供にとって、そんな指導者がいたら
もう親の言うことなんて聞かないよ。


忙しくてあまり来れない師匠がね 
練習に現われたとき
そこの子供たちの顔が変わったのよ
緊張するとかじゃなくて
嬉しそうな表情をみんなするんだよね
「あーみんな師匠に褒められるのが嬉しいんだなって思った」

愛知へ試合を観にいったときだったかな
師匠がベンチに座って観ているときは
悪いところとかを俺にも聞かせてくれるわけ。
それで試合が終わって 子供たちが師匠の所に集まったとき
なんて言うのかなと思ってたら

「みんな練習してもっと上手くなろう」

って それだけ。

すげぇな って思った。

この人に褒めてもらいたいって思ってる
そんな子供たちにとっては
「よし また練習してもっと上手くなるぞ」
って元気がでるもんな。

真似をしようとおもったけど
オレにはできないなぁ
どうしても反省ばかりになってしまって
褒めることができない。

息子も褒めてやれば もうちょっと伸びたのかもしれないな。
むずかしいわぁ~

それでも

我慢ですね。

我慢 我慢。





我慢

 

 


 

 

さあー
今日からお仕事再開。

GW ゆっくりしすぎて腰が痛いが
夏休みまで頑張ろう。

今月は家庭訪問やら三者面談やらもあるし

なんたって、21日~名神の集中工事がありますから・・・

疲れるぞぉ~


再開

 

 


 

 

やはり どこのチームにも
勝ちたい大人が出没してくるもんだね。

毎年選手が入れ替わるし 当然親もなわけだから仕方ないのかな・・・?

勝ちに拘ることは必要だと思うが
何かを省略してまで勝つことは必要ないんじゃない?
その『何か』がそのチームのカラーであり、理念なわけだから。

まぁ できるはずの『何か』をやらずに負けるのも残念ではあるが。。。


まどかちゃん(さん)U-19候補
頑張ってくださいよ。
http://www.jfa.or.jp/women/u_20/news/070411_03.html


戯言

 

 


 

 

今日は千葉へエスポルチのゲームを観戦しに行ってきました。

暑かったねぇ。

久しぶりの観戦でしたが
あいかわらず、大人しい。
淡々としたゲームといえばきこえがいいのでしょうか
そのくせしてミスだらけなんだよね
もっとゲーム中に話し合わないと!

プレーもそう。
ボールを持っている選手に動かされるんじゃなくて
ボールを持っている選手にパスをださせないといけない。

中田ヒデにパスを出されて 追いつかない
なんで追いつかないんだ!って怒られる。
そんな事言ったって。。。と愚痴る。
まるっきり一緒。

愚痴る前に 自分の考えや気持ちを伝えるプレーをしよう。


ゲーム中 広山さんが何も言わないのは
OKだからじゃなくて
お前ら自分たちで考えろよ
という意味。

まだまだ自分たちで話し合うチャンスがある。


中央学院高校へ。

 

 


 

 



1970年代日本のロック史に壮絶な生き様を刻み込んだ伝説のサンハウス。そのヴォーカリストである菊こと柴山俊之は今年で還暦をむかえる。この日本屈指のヴォーカリスト、柴山率いるZi:LiE-YAが、2007年6月9日(還暦BIRTHDAY)に4thアルバム「ろくでなし稼業」をリリースする。

Zi:LiE-YA




めんたいロック。

 

 


DigitalClock
Flashカレンダー
管理人

kenbo

Author:kenbo
from SAITAMA

QRコード
QR
REDS
ギターコード
バロメーター
来訪者
物好きな人
プチ月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox 6/Opera 11 or later.
top bottom