病みあがりの夜☆空に・・・REMAINDERS

EROS & PEACE !!

 

 

斧で父親を殺す少女がいれば 
今度は息子だ。
幸い父親は死なずに済んだが なんだかおかしくねぇか?
どんな理由があれど、人を殺す
しかも実の親をだぞ。

これは子供たちだけの話じゃなく
世の中で社会を責任を持って担っていかなくちゃいけない
30~40代までもが倫理に欠けているように思う。

ついこないだあった事件もそうだ。

面識のない男たちが
面識のない女性を拉致し、殺害した。

ほんと信じられないし とんでもないことだ。

こんな犯行をおかした容疑者たちを弁護するのもどうかと思うし
極刑は当然なことだろ。

残されたお母さんの気持ちすべてわかるとはいえないが
オレにも嫁がいるし、4人の娘もいる。

いつ同じことが起こるかわからない嫌な世の中だ。

磯谷利恵さんのお母様がHPで極刑陳情書の署名を求めております。
HPこちら


いやな世の中だ。

 

 


 

 

昨日 息子が電話で聞いた話しだから
まだわからない。

しかし嫌な予感がする。。。

9/24追記

エスポルチ藤沢1期生で、現コーチの
神田恭平君が亡くなった。

ただただ、驚くばかりだ。

エスポルチOBとして、初めて静岡学園の門を叩いたが
そりゃ大変な苦労があったと思う。

2期生以降、いま息子たちが静岡学園を進路志望できるのも
彼らがしっかりと足跡を残してくれたからだ。

そして、その経験を息子たちに伝えてくれたのは
本当にありがたいことだった。

指導者としても人生としても
まだまだこれからだっただけに、とても残念だ・・・

神田コーチ ありがとう。
たまには藤沢、谷田に観にきてくれよ。

安らかにお眠りください


IMG_7321.jpg

          合掌

悲しいニュース・・・かもしれない

 

 


 

 


やっと登場。




おしりかじり虫

 

 


 

 

DSC00017.jpg
馬入ふれあい広場 サッカー場(人工芝)

DSC00018.jpg
3年生にとっては最後の公式戦 負けたら引退。
とはいえ、エスポの引退は卒業式の日。

DSC00014.jpg
いつ見ても、Jの下部組織はデカイ速いを揃える。
エスポの選手とは一回りも二回りも大きい。


開始早々 ミドルを決められ 出鼻をくじかれる。
今日のエスポはかなり緊張していたように見える
もっと速く、厳しいプレスをかけて
蹴らせてはいけない相手に自由に蹴らせてしまう。
肝心要のところでの身体の寄せも軽く
簡単にやられてしまった。

逆にエスポに何もやらせない ベルマーレの速いプレスは
見事にハマったように思う。
それに合わせて、自分たちのプレーまで速くなってしまう悪い癖も出た。

判断に時間がかかるのなら、その時間を自ら作り出す技術を身につければいいわけで
まだまだ、余裕を生み出すほどの技術が足りないということだろう。

一期~三期くらいまでの選手は そこが違った。
マリノスやベルマーレを相手にして
観る者を「上手い」と唸らせることができたのは
身体能力では劣っている選手が、相手の速く強いプレスをかわし
かいくぐり 互角に渡り合える技術をしっかり身につけていたからだ。

はっきりいって、Jの下部組織の選手は能力が図抜けている。
ボールをこねくり回して日々鍛錬しなくても その親からもらった
優れた体格を生かした身体能力だけでサッカーができてしまう。

しかし、その高い身体能力も通用しない場面がやってくる。

それがエスポ一期と対峙した時じゃないだろうか。

だが、あれから数年たち 日本のサッカーも変わってきた。
市船や国見、鹿実のようなフィジカルにものをいわせたサッカーが敬遠されがちになり
静学や野洲のサッカーを手本にするところも増えた。
当然、Jの下部組織だって
蹴って走る フィジカルにものをいわせたサッカーから脱却しつつある
(クラブによっては当てはまらないかもしれないが)

だからあの時 観る者を唸らせたエスポのサッカーも年々進化していかなくてはならない。
幸い、エスポの門を叩く選手も増えてきているようだが
それは年々大変な努力を迫られることを選手は覚悟していないと
たいして上手くもない 中途半端な選手で終わってしまうということになる。

「まげちゃいかん」は当然だが
そこにプラスアルファがなくちゃいけない。

観る者の目も少しずつ肥えてきているのだから。

もちろん指導者もスタッフも保護者も
進化することが必要だ。
種まきも必要だが、自分の足もとに出ている芽をしっかり育てることを
疎かにしちゃいけない。
芽が出たからOKじゃない まだまだ根は小さく狭い。

我が家のプランターで育ち始めた ミニトマトの芽も見た目は大きいが
土の中の根は思ったほど大きく張ってはいない。
たぶん、いまのまま安心していたら
実はならないだろう。
たっぷりの水とお日様の光が必要だ。

もっともっと色濃く徹底的にこだわっていこう。


DSC00019.jpg
0-7で敗戦

DSC00020.jpg
三年生お疲れさん。

にほんブログ村 サッカーブログへ





高円宮杯 U-15神奈川大会 決勝トーナメント①

 

 


 

 

9・24(祝)

習志野市秋津サッカー場

11:00 ガンバ大阪ユース 対 サンフレッチェ広島ユース

13:20 青森山田高校 対 流通経済大付属柏高校


西が丘

11:00 広島皆実高校 対 名古屋グランパスU-18

13:20 市立船橋高校 対 浦和レッズユース





ガンバとサンフレッチェのゲームは面白そう。

なぜか毎年 サンフレッチェのゲームは観ているので
行くなら秋津。
電車で2時間。

にほんブログ村 サッカーブログへ

高円宮杯 全日本ユースU-18 ベスト8 組み合わせ

 

 


 

 


熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
今日も暑かった。

DSC00012.jpg
今日もsecondユニの赤。
あまり良い記憶がない赤ユニ・・・

DSC00011.jpg
静学サッカー炸裂するか。
慎太郎先発。
同行した サカ好きオヤジさん共々 
「おお 良かった」


しかし・・・・・・・

結果は終了5分前にDFのわけわからんクリアミスから失点
0-1
敗戦。

DSC00010.jpg

がっかり。。。


そのあとの浦和レッズユース対札幌ユースの試合を観て
学園の選手たちとの身体能力の差をとても感じた。
だいたい凸凹の学園にたいして
浦和も札幌も、みな一律の身長 体格もみな良い。

身体能力の高い選手を集めて、JFAの指導指針に沿ったサッカーをやれば
とにかく強いサッカーができる。
ドリブルだ リフティングだ
といったテクニック系のトレーニングに重点をおく必要もそれほどない。
なので
オレが思う 
「身体能力の高い子どもたちがもっとボールを操る技術を身につけたら」
ということも それほど感じることなく勝てるサッカーができるんだろう。
もちろん、ある程度の技術はもっていなくてはならないが。

1タッチ 2タッチでシンプルにパスをつなぐ。
そのために全員が次のプレーを感じてオフザボールの動きを怠らない。
とにかく、無駄なプレーというものがほとんど無い。

浦和-札幌というJの下部組織同士の対戦だけあって
お互いが同じようなサッカーをやっているので
3-1というスコアのわりに
まったりとしていて 途中寝てしまった笑

でも 速い 強い。

じゃあ身体能力が高いやつじゃなければダメかというと
そんなことはまるでないと思う。

身体能力で劣り 足りない部分をテクニックで補う
いや、それで凌駕してしまえばいい。

過去 学園の選手はそうだったと思う。

上手かった。
身体能力にものをいわせてボール奪取にくる相手を
嘲笑うかのように、ススッとかわす。
そのテクニックでドリブル突破する。

柔よく剛を制す。

小さなものが大きなものに勝つためのアイデア。

それらのテクニックはそう簡単に身に付くものではない
ときに連敗続きになることもある
いやいや、勝つことの方が難しい。

中等部ができ、年々選手も増えてきているようだが
オレは中高一貫指導が生かされているとは思えない。
もっと もっと 中学生は勝負よりも技術習得に重きを置くべきだと思う。
とくに学園は蹴って走って競り勝つ50%のサッカーではないのだから。

残念だが まだまだ日本は蹴って走って競り勝つサッカーが主流。
大学サッカーを観るとよくわかるが
関東の身体能力サッカーが関西の繋ぐテクニカルサッカーを
まだまだ凌駕してしまう。

学園には そんな日本サッカーにもう一度
一石を投じてほしいな。

同行した サカ好きオヤジさんの言葉
「身体能力の高い相手に 静学らしいサッカーをみせてくれれば たとえ負けても それでいい。」

あの雨の決勝
サイスタで見せた市船戦。
カレンロバートの一撃にやられたが あのときの静学は
ひさしぶりに静学を観た気がした。
ガキのときに観た選手権 対浦和南戦。
あれが始まりであり 変わってはいけないのじゃないかな
「まげちゃいかん」
だよね?

オレ的には
「まけてもいかん」
だけどね。

さてさて 明日は息子たちの高円宮杯U-15神奈川大会
トーナメント1回戦。

相手は第一シードの湘南ベルマーレ。

身体能力の高い相手に どれだけエスポルチのサッカーを貫くことができるか。

会場: 平塚市馬入ふれあい広場 10:00キックオフ



にほんブログ村 サッカーブログへ



高円宮杯 全日本ユースU-18観戦at熊谷

 

 


 

 

portoGP-motoGP(002).jpg


ついに 今週はGPウィーク。

ポルトガルGPは久しぶりに面白いレースだった。

Vale!がんVale!! ( くさっ。笑 )

あ~モテギへ行きたかったぞ。


portoGP-motoGP(013).jpg


motoGP 日本GP

 

 


 

 




今日は子供たちに食べさせてやろうと思い
5個買って帰る。



お店の場所はこちら

elimap.gif


幻のクリームパン

 

 


 

 

ume47a.jpg

かぼす酒


hiya071a.jpg

不老泉ひやおろし



kanro_shohin.jpg

奥丹波の山名酒造さん寒露



どれか一本にしろと言われても。。。にほんブログ村 酒ブログへ


ひやおろし

 

 


 

 

学園は青森山田に2-4の敗戦。

それでも得失点差でグループ2位通過
次は一発勝負のトーナメントだ

相手は広島皆実高(また中国地方だ)。

11:00熊谷スポーツ文化公園陸上競技場。
国体のときに造られた立派なスタジアムだ。
隣には人工芝ピッチのあるドームに
これまた立派なラグビー場まである。

ここで学園のサッカーが観れるのは嬉しいことだ。
初戦の駒場は酷かったからね
美しい天然芝のピッチを生かすような
学園らしいサッカーを魅せてほしいところ。

2ちゃんでは『変態ドリブル』と称される慎太郎。

オレたち『縦ポンサッカーの申し子』埼玉人には
『変態』だなんてとんでもない。


「慎太郎は 慎太郎。RはR。」
と言われても けっきょく慎太郎を目指して
その『変態』にやられちまった親も子供も今日まできた。
長野県代表で都合2度も選手権に出たこともある
若き指導者までも虜になってしまった。

けっこう あちこちに感染者がいる。

サッカー王国(?)埼玉の地で
コテコテサッカーの真髄を魅せてくれ。

でも熊谷はサッカーよりもラグビーなんだが。。。




画像勝手に拝借 申し訳ありません

走るばかりのトップ下ではゴールの匂いすらしない
まるで日の丸 代表そのもの。
中盤でいかにタメがつくれるか。
日の丸級のボランチもサイドプレイヤーも
そのタメがある故に能力を発揮できる。

そして それらの高い能力によって
けして速くも強くもないトップ下のイマジネーションが生かされるのではないか。






高円宮杯 全日本ユースU-18 観戦できずat群馬

 

 


 

 




帰り道のスーパーに立ち寄り
さんざん悩んだ挙句
これに決めた。

久しぶりの泡盛。

元同僚の抹茶んが沖縄土産に
ハブ酒をくれた以来。

どうせなら、沖縄から取り寄せて呑んでみたいね。



急きょ これで間に合わせる

 

 


 

 




でかい。

牛久大仏

 

 


 

 




筑波へ向かうんだが
明日の朝では電車がないから
仕方なく 今夜出る。


出発

 

 


 

 

嫁とチャリで買い物に行ってきた
駅でいうと、ひとつ隣の町なのだが
遠い・・・

ふだんなら嫁と二人きりの末っ子が
「なんで父ちゃんがここにいるん?」
って不思議そうな顔をして ときどきコッチを見ている。

それにしも
いざ自分が自転車に乗って道路を走ってみると
ひでぇ運転する乗用車の多いこと 多いこと。
止まらない 見てない 会釈もしない。

それと自転車で走るには
とてもじゃないが「メチャ路面が悪くね?」
中坊言葉でおもわず呟いてしまう。
痔持ちにはかなりキツイだろうなぁ・・・

おお それと一つ気になったのが
白黒ツートンの特別仕様車に乗って
日々町の平和を守る輩。
そりゃ昨今 他人の自転車を平気で盗んで乗るやつも多いよ。
だからといって じーっと見てるんじゃねぇぞぃ|д゚)
『チャリを見たらチャリ泥と思え』
と教育されてんのか?
こんな真昼間に嫁と子供とチャリで買い物してるオッサンが
チャリ泥に見えるかぁ?
それにあんた運転者だろ。
そんな脇見してたら危ないぞ(笑)


と、まぁ
チャリだと スピードも遅いし色んなことが見えるのであります。

けっこう面白い。

それにしてもママチャリの進まねえこと。。。
MTBでも買うか。

チャリんこ 買い出し部隊

 

 


 

 

9月も半ばだというのに今日も暑かった。

それでも陽射しは夏より 秋らしくなってきたね。

稲垣潤一のベスト盤が出ました
稲垣潤一25周年ベスト Rainy Voice(初回限定盤)(DVD付)

夏のクラクション が好きかな。



これも夏の終わりの代表曲
s_sayonara.jpg

さよなら夏の日さよなら夏の日
山下達郎

曲名リスト
1. さよなら夏の日
2. モーニング・シャイン

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この前もサンソンのラストにかけてました。
この曲作って もう15年だそうです。

wiki→サンソン


そして、忘れちゃいけないのが
夏の終り

そう、永ちゃんですよ。

キャロル時代のセルフカバーです。

もう、たまりません。

そういえば、嫁と二人で
はじめて行ったところが九十九里の蓮沼海岸だったなぁ
もう18年も前ですよ。
(ノ´∀`*)



永ちゃんのマグカップ
早くしないと無くなるよー!






夏の終わり

 

 


 

 




午前中 仕事のため前半35分からの観戦。

前半3-0


takamado-saisuta2.jpg


後半は選手交代もあり 
中盤でのボールが落ち着かなくなる。

結果、無駄走りが増え 足が止まりだす。

次第に星稜ペース。


まあ 押し込まれるシーンもあったが
ゴールを割られる雰囲気は無し。


後半は得点なく
3-0で勝利。

さあ、次は群馬で青森山田戦。

takamado-saisuta1.jpg

最後は、ここ(メインスタジアム)へ戻ってくることを祈る。






高円宮杯 全日本ユース U-18観戦 atサイスタ2G

 

 


 

 

Leyonaっていいよな。

なんでいままで聴かなかったんだろうか。




気持のいい音楽

 

 


 

 

健康診断結果1


先日受けた健康診断の結果が出た。

今年はなんとか再検査は免れた。

昨年の結果はマジやばかったなぁ

って。

今年も再検査は無いとはいえ、ちょっとヤバそうな結果でもあるんだよな。

中性脂肪は昨年の半分以下になったのに
コレステロールが・・・増えてる!!

健康診断結果2


それと合せて不整脈だぁ?!!!!

体重は9キロ減
身長が0.4ミリ減 笑


やっぱり酒なのかなぁ。。。





健康診断の結果は・・・2007

 

 


 

 

デジタコ


デジタコ装着。

ちょっと回転オーバー スピードオーバーしても
注意される。

大原麗子の声ならいいが…


とうとう ,・・ヽ(´Д`)ノ

 

 


 

 

駒場1


天気予報に反して、快晴。
暑く 湿度もかなり高め。

先日の台風の影響か、ピッチコンディションはあまりよくない。

電車で浦和駅から徒歩20分の道のりだが
レッズ戦のときのような混雑はまったくなし。


駒場2


聖地駒場だから、少しは赤く染まるのかなと予想していたが
これまた天気と同じく 予想を反した。
学園の応援団のほうが はるかに多い。

どこへ行っても 学園ファンの多さには感心する。



駒場3



肝心の試合だが、結果は1-1のドロー。
勝ち点1。

はっきりいって、日本のサッカー全体が抱える
得点力不足・決定力不足がなければ
レッズの圧勝ともいえる内容。

つまらなかった。
『上手い!』と唸るようなプレーもなかったし、選手もいなかった。

残念だが、雨のサイスタのときのような
こだわりの繋ぎ、中央突破、イマジネーション溢れるドリブル・パス
はまったく見れなかった。

一生懸命だった。

そこに、駆け引きや おちょくりは無かった。

それでは、最初から身体能力に差のある相手とやっても
かなうはずがない。

そのための高い技術であり、リズムであり、知性なんだと思うのだが。。。

一生懸命やるのは当たり前のことで
そこから上で何ができるのか? ということ。


第一試合 青森山田-星稜のほうが観ていて面白かったし
あんなサッカーを学園には期待してたんだけどな。

期待していた分、ちょっとガッカリ度は高い。


次に期待。


エスポOBのS君とT君に久しぶりに会えてよかった。

Tは、いまの自分のポジションに満足しちまってるのかな?
と ちょっと感じた。
あきらめたら終わりだぞー!


そういや、学園のオキタツコーチとレッズの相馬選手が、スタンドで仲良く話しをしてましたね。
(共に国士舘大)
相馬選手 「やっぱアスリートやなぁ」と感じる人でしたね。
それと、オレは行かなかったけど
オノシンと福田さんが来ていたみたいです。
人だかりができてました。

そんな光景をみると、レッズユースの選手は日々、J1の選手たちを間近に見て そこから得るものも大きいんだろうなと思います。
レッズ#14の原口くん
小学生のとき以来でしたけど 大きくなってましたね(あたりまえか)
がんばってほしいです。




高円宮杯 全日本ユースU-18観戦 at駒場

 

 


 

 





SO903i が帰ってきた。

外装交換でピカピカだ。

(・∀・)ニヤニヤ

直った。

 

 


 

 





先日のセレクション結果が届いた。

正確には水曜に届いていたのだが
オレが不在だったため、嫁に頼んで神棚にあげておいてもらった。

さきほど開封した。

息子に喝と活を入れた。

あいかわらず、褒めてやることが下手だ笑



セレクション2

 

 


 

 

久しぶりに台風と遭遇。

東名も中央も上信越も通行止め。
残されたルートは北陸道から関越道か東北道。

長浜から北陸道
長岡で関越道に切り換え
一旦、外環に入り東北道へ。
3時半に古河市着。

延着もなく 無事に荷物を届けたぁ



台風

 

 


 

 

荷降 完了。

約一時間半。

いい汗かいた。

熱中症には気を付けよう!

ビリーより痩せるぞ

 

 


 

 




エアコンが壊れて、日曜の夜から蒸し風呂状態

こんなときに限って
暑さが復活してるし…

今回の航海はほとんど寝られず。

やっぱり アイドリングストップはできないぞ!
環境のためとはいえ、それよりも身体が壊れる。

さて これより大宮へ向けて出発。
今日も暑くなりそうだぞー

 

 


 

 

ここ最近で、一番聴いている。

うるさくもなく、眠気を誘うわけでもない(笑)

ボサノヴァになったR&BやSOULの名曲が
秩父鉄道の のんびりとした風景に合う。

Soul&Bossa



SOUL&BOSSA

 

 


 

 

今日は観戦に行く予定だったが
あれこれ所用があり、行けなかった

予選リーグの結果。


esporte藤沢12-2横浜市立飯島中学校

esporte藤沢 5-2横浜市立篠原中学校

esporte藤沢 3-1横浜FC


3試合 3勝0敗0分け  勝ち点9 得点20 失点5 得失+15

1位通過で決勝トーナメントへ。


失点の多さが ちょっと気になるところ。
特に、初戦は12点も取っているが こういう試合ほど失点してはいけない。
ここ一番 大事な場面 苦しい場面で甘さが出なければいいが。。。



3年生 がんばれ。





高円宮杯 (U-15)

 

 


DigitalClock
Flashカレンダー
管理人

kenbo

Author:kenbo
from SAITAMA

QRコード
QR
REDS
ギターコード
バロメーター
来訪者
物好きな人
プチ月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox 6/Opera 11 or later.
top bottom