病みあがりの夜☆空に・・・REMAINDERS

EROS & PEACE !!

 

 


今日はいい天気だったね~

先日 長男から連絡があって
「トップにあがりました」というんで
じゃあ今日は みんなで観戦に行こうかと予定していたんだけど
試合予定が無くなっちゃったというので
観戦はまた今度に。

子供たちは外で元気に遊んでるし
じゃあ、前々からやろうと思っていた車イジりを。

イジるといっても 大したことじゃなくて
エンジンダンパーにゴム板をかまして 隙間を無くしてやる
簡単な作業。

これやると、エンジンの余計な揺れ(動き)が少なくなるので
アクセルONのときの反応が良くなる(らしい)。

ホンダのFit、モビリオ、モビリオスパイクでは定番だそうだ。



用意するもの

・3mm厚のゴム板 →35mm×25mmくらいのサイズに切る
・両面テープ(強力なヤツ)
・タイラップ

※できれば作業前にエンジンダンパーのステー部分の脱脂をしたほうがよい。

そのゴム板を両面テープで貼って 念のためタイラップで固定しておく。

はい これで終わり。

こんな感じ。
P1000299.jpg

エンジンダンパーがどこにあるのかわからないって方
ボンネット開けてみて 画像の赤丸部分。
P1000300.jpg


車によっては 隙間に差があるかもしれないので
事前に見ておくといいと思います。
それと装着後もエンジンかけてみて
チェックするのも忘れずに。

人によって微妙な感覚かもしれないけど
確かに変わりますよ
特にアクセルを「ガバッ」と踏んだときなんかは違うと思います。

このゴム板を金属板に変えるともっと
違いが出るそうなので 今度やってみます。

せっかく燃費のいい車だけど
ちょっと出足がタルいので どうしても踏んじゃうと
結果 燃費も悪くなるので いちど試してみる価値はありますね!



※ あくまでも自己責任で。




エンジンダンパーに悪戯

 

 


 

 


今日 仕事から帰還して
嫁と末っ子NATSUを連れて、ちょっと行ってきた。

前に書いたこの記事での29日の楽しみがコレ。



いや~ ようやく手にすることができた。

ついでにこれも
2008112916400000.jpg
純米ひやおろし。

滋賀の酒は色々と呑んできたが
この琵琶の長寿は初めて。

不老泉や七本鎗と同じく 小さな蔵(琵琶湖周辺の蔵はみんな小さいところが多い)
なので、卸すお店も限られているために
琵琶の長寿もなかなか関東では呑めないかもしれない。


現在 酒は辞めているが
こいつらは正月に呑んでみる予定。

店主さんから 色々お話を聞くことができて
と~っても楽しい時間だったぜー!!

2008112917320000.jpg



我が家にもKING。 

 

 


 

 

タイトルには静岡学園と書いたけど
正確には
"静岡学園サッカー"

あこがれでもあるし
愛しいとも言える。

いま その学園サッカー部が大変なことになってる。

mixiのコミュニティでも話題になってるようだけど

サッカー部が無くなってしまうかもしれない。


それも 部員がいないとか 何か不祥事があったとかではない。

超難関進学校への変換ということらしい。





静学サッカーを初めて知ったのがいつだったのか
正確には覚えていない。
ただ、選手権が関東開催になった初年度大会で
初出場で決勝へすすみ あの浦和南との激闘。
それまでの縦槍サッカーしかなかった日本サッカーに
衝撃をあたえる 個人技にこだわった”南米スタイル”。

たぶんこの試合もリアルタイムで観ているはずなんだけど
それよりも印象的でよく覚えているのが
緑のユニホームに縦書きで書かれた”静岡学園”の文字。

まだガキだったオレは
「○○学園」という校名に なぜか憧れた。
この”学園”という名に上品さを感じていたんだと思う 笑

その後も何度か静学が選手権に出てくる度に
「上手い」けれど それだけじゃない
なんだかエレガントな雰囲気というか
オレが勝手に感じていただけなんだけど
ガツガツしたところがないっていうか なにかエリートにつきものの
脆さとかひ弱さみたいなのを感じていた。
そこが魅力だったんだけどね。
(実際にはそんなことなかったんだけど)

でもあくまでも それくらいまでは
オレの生活に静学サッカーが直結することはなかった。

そんなオレが再び静学サッカーに取り憑かれることになるのは
長男と共に「コテコテサッカー」に夢中になってしまった原点でもある
愛知の師匠たちとの出会いからだ。

そして そのとき同時にエスポルチの広山さん(静学OB)とも出会ったのだ。

師匠たちのサッカーが目指すところ
まず最初の勝負所が高校サッカーであり
そして そこが静学サッカーであると聞いて
オレも昔の記憶を思い出しながら
少しずつ静学サッカーに取り憑かれていった。
(※以下 静学→学園とします)


それ以降は「目指すは学園」を合言葉に
監督 コーチ それから数名のオヤジたちを巻き込んでいく。

このときから現在までのことは
書いても書ききれないので省略するけど 

それまで県内の ちょっと強めの高校しか見てなかった大人たちが
一気に 全国区である「学園」を第一目標にしたんだから
まわりの理解を得るのも そりゃ大変だった。
まぁ 大人は現実を すぐ見ちまうが
子供たちの夢はデカかったね。
もうみんなが「学園」って言い出した。


結局 大勢の夢は中途で叶わなかったけれど
残ったオレと数名の子供たちから
マサルが「学園」への夢を果たした。

長男は最後の砦を崩せずだったが

今でもビシビシ「学園」を意識してるのは間違いない。

もちろん オレも「学園サッカー」が好きだ。

言葉は悪いかもしれないけど
”息子を落としたところ”だが やはり「学園サッカー」は特別なんだ。

選手権や全日本ユースの試合会場で驚くのが
タオルマフラーをした学園ファンの人が多いことだ。

もちろんオレのまわりでも「学園サッカー」ファンは多い。

うちの嫁でさえ
”学園といえば『サッカー』”と言う。


それくらい、井田監督の築いてきた「学園のサッカー」の歴史・伝統は
永く 多数影響を与えてきた。

同じ高校サッカー界のみに限らず
中学生年代・小学生年代の指導者にとっては最高のお手本であり
目標であると思う。




あくまでも オレは部外者なので
これからどうなるのか情報もないし わからない。

だけど、「学園サッカー」の価値は殺してほしくないな!

いくら、時の流れは残酷だとしても。

学園サッカーのみなさんには
がんばってほしい。

年末は埼玉へ遠征してくるようだし
オレもマフラータオル巻いて駆けつけるよ!!








あー 殴ってやりてぇ。



※文中不適切な表現があるかもしれませんが
そこはアホな奴が激情にまかせて書いてますので どうかご勘弁を。




 






あこがれの静岡学園

 

 


 

 

ちょっとタイムラグがある話題だが

小室氏が保釈された。

たまたま
その時の様子をテレビのニュースで見ていたんだけど
またやり直せるよ

自分の過ちを認めて
ちゃんと頭を下げられるんだから。

オレは「頑張れ」とは言わない
当たり前のことだから


ただ、あの保釈されて
報道陣がわんさか集まった喧騒の中

たぶんファンの一人なのかな

「頑張れよ!」

って声かけたんだ

そのとき オレは感じたんだ
小室氏の息が一瞬止まったのを。


あの「頑張れよ!」は

よかった。




あー
ただそれだけ。

別に大した意味はない。

ちょっと思い出したんで
書き留めておきたくなったってだけでした。
(笑)




頑張れよ!

 

 


 

 

”クロスロード”

っていう映画のDVDを観た。

なんとなく わかったような わからんような。


ブルースってなんなのか?

オレたちゃ日本人には わからん音楽なのか?


ブルースの どんなところが好きなのか聞かれても

「はい このブルーノートっていうね・・・」
とか薀蓄たれても説明しきれない。

だってそんなコード進行や何小節がどうのこうの考えたりしながら
聴いてるわけじゃないからなぁ


ブルースを暗い音楽とか淋しい音楽とか感じる人もいるだろうけど

オレは その淋しさとか暗さや辛さを唄う
おっちゃんたちが好きだな。
カッコええと思うんだな。

それでも やっぱりブルースっていうのを
もっと知りたいな~と思う。

本を読んでも
CDを聴いても

やっぱり 自分の足で歩いて 自分の目で見て 耳で聴いて
一人 さすらい続けていたら いつかわかるのかもしれないな。

あの十字路には 本当に悪魔がいるのかもしれないぞ。。。



クロスロード [DVD]





ブルースを知りたい

 

 


 

 

川崎FでDF横山選手の少年時代
サッカーの恩師であるYさんが行方不明だ。


春先 横山くんが初出場した際
祝福メールのやりとりをしたきりだったが…

旧知の仲である
長野の病人も連絡が取れないと報告があった。


まぁ
どこかで元気にやってるとは思うが
やはりこの殺伐とした世知辛い世の中
ちょっと心配だ。


このブログを御覧の方で
Yさんの消息を御存知の方がいらっしゃいましたら
匿名でいいので
連絡ください。





世知辛い世の中 心配だ

 

 


 

 

無題-スキャンされた画像-20b

今日 11月23日は 勤労感謝の日。

祝日で日付を言われて、パッと答えられるのは
元旦、体育の日、そして勤労感謝の日。笑

勤労感謝の日といえば
やっぱり、RCサクセションが結成されたといわれる日
(正確には”クローバー”かな)

RCを知ったときから この日は忘れない。

そして この堕ブログを始めたのも11月23日。
もう丸3年が過ぎた。
今日から4年目に突入というわけだ。

当初のテーマは ”酒” ”ロック” ”フットボール”

であったけど わけあって”酒”はやめてる(丸半年経過)し
”フットボール”も以前ほどの熱は無い。
なんといっても観戦に行く暇が無い。
それに 応援したい 観に行きたいと思うチームが無い(これが一番デカい)

となると残るのは”ロック”だけになるが
あいかわらず狭く浅い。笑

この3年のあいだに ブログをとおしてお知り合いになれたみなさんから
知識を拝借しているのが現実。

まぁ 上には上がいるということで
てっぺんを見てもキリがないのも事実だし

ただ単に

”好きだから聴いてる”
”カッコいいから聴いてる”
”自然と腰が動いちゃうから聴いてる”
”あたまがスカーっとするから聴いてる”
”心に響いちゃうから聴いてる”

っていうことだから

あんまり まわりを気にせず
今後ものらりくらり 続けていこうと思ってます。

時々は過激なことも書いちゃうと思いますけど
そこら辺は ごゆるりと ご勘弁を。



引き続き
よろしく おねげぇ しやす。
無題-スキャンされた画像-02


BAN-KENPOU03.jpg









11月23日

 

 


 

 

父母会っていうのは 何のためにあるんだろう

やっぱり、チーム・監督・スタッフ・
そして選手達をバックアップするためだよね。

スタッフの人選とかに口出しちゃダメだと思うんだけどさ・・・


小学生や中学生の父母会じゃないんだから
チーム とくに監督のやり方に口を出しちゃいかんよね
そりゃ 色々言いたいことはあるとは思うけど。

あくまでも父母会っていうのは
バックアップが目的なわけだから 
監督の信念を応援してあげなくちゃ。

こっちが金払ってんだとか言ってちゃだめだよな。

なんだか親がお揃いのシャツ着て応援してるのとか見ると
「なんだかな~」
って感じてしまうんだよね。




子供から一歩はなれて

 

 


 

 

買ってしまった。

まえにこんな記事書いて
その後 ずっと気になってしかたなかった一枚。

日本を代表する若きブルースマン
※ブルース界じゃ80越えても まだまだ現役ブルースマンって人がたくさん。

この二人が唄う昭和歌謡。

けっしてブルースというジャンルじゃないかもしれないけど
この二人が唄うとブルーズになっちまうから これまたカッコいい。

だいたい 元歌 聴いたことない曲ばかりだし
たぶん「聴け」って言われても聴かないよ。

でも「酒よ」なんてさ 万が一 カラオケで歌うことがあったら
この木村充揮バージョンで唄っちまうだろうなぁ 笑

まぁ やっぱりこの二人にはブルーズをやってほしいね
カッコいいだろうな。



男唄~昭和讃歩男唄~昭和讃歩
木村充揮 近藤房之助

曲名リスト
1. JAM I
2. 泣いてたまるか
3. 俺は待ってるぜ
4. 男のブルース
5. 男ならやってみな
6. 酒と泪と男と女
7. 酒よ
8. 赤と黒のブルース
9. これが男の生きる道
10. 星屑の町
11. 北帰行
12. ぐでんぐでん
13. 見上げてごらん夜の星を
14. プカプカ
15. 夢で逢いましょう
16. JAM II

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




「プカプカ」大好きだなぁ この歌。
BAN-KENPOU03.jpg










男唄  木村充揮&近藤房之助

 

 


 

 

唄った。


今夜 ブルーノートで

”IN THE MIDNIGHT HOUR”を


だそうです。
mixi 情報です。


清志郎 オレはうれしいぞー

でも あまり無理しないでおくれよー



あれ? 
もしかして
音楽の神様が憑いてるBlueさん
行ってる?




その後ですが Blueさんのところから情報発信がありました。

やはり清志郎 唄ったそうです。

1stでインザミッドナイトアワーを

2ndではインザミッドナイトアワーとSoulman。

※みなさん 今朝のめざましテレビや ニッカンスポーツ スポニチ
などで ご存知でしょうね 笑


それにしても いいニュースだ。


 




ちょっと遅れぎみの速報! 『清志郎が!!!』

 

 


 

 

遅ればせながら
地味変 見ました。

うれしいっすね。

この笑顔を見れただけで
心が”スカーっ”と晴れました。


心のボーナス ありがとー!!


57p_01.jpg




言葉にはできない想い

 

 


 

 


久しぶりにドサ回りしていたCDが数枚戻ってきた。
帰りが遅くなったお詫びに数枚のコピー物CDといっしょに。

P1000281.jpg

hukkatusaiT

chaboT

P1000282.jpg

P1000283.jpg

P1000284.jpg

P1000285.jpg

P1000286.jpg

わぁーお!! スターリン!!!

正直言って すっかり忘れていた。。。

元来 オレは紙ジャケCDというのを あまり持っていない。
なぜかといえば リアルタイムでオリジナル盤を持っているからで
わざわざ すでに持っているものを買い足すことはしないから。

でも 紙ジャケっていいね。

なんともいえない雰囲気が出ていて。

作りがどうのこうの 細かいことは言わんし。



そんでもって 一緒にくっついてきたやつ。

・GLAD ALL OVER (忌野清志郎&仲井戸麗市)
・The Legend(たぶん) (佐野元春)
・The very best(これもたぶん) (アースシェイカー)


オレのGLAD ALL OVERはどっか別のところへドサ回り中だが
さんざん聴いたから いまさらどうのこうの言うことはない
(それでも このCDは素敵な一枚に変わりない)

それよりも なによりも佐野元春とアースシェイカーには
久しぶりに痺れちまったなぁ

佐野元春のほうは もしかしたら前に聴いたことがあったかもしれない

ん? ちょっとまてよ

アースシェイカーのほうも聴いたことあったような気がする。


それでも久しぶりに聴く この二枚はいいなぁ

さっそくRockbox(iPod nano改)に入れた。

それもFlacで。

これだと音がいい ファイルサイズはデカいが。
それに元のWAVファイルに戻すこともできるし。

アースシェイカー

※通常のiPodではFlacの再生はできません


帰ってきたCD

 

 


 

 

犬飼 日本サッカー協会会長が

バックパス禁止令を発動(!?)


なぜ そんなに縛り付けたくなるんだろうかねぇ

特に育成年代(10代)で導入したいらしいが・・・
それもルール化までも考えているらしい。


オレなんか もともと縛られると悶えちゃう暴れちゃうほうなんで
こんなルールが導入されてはおとなしくないよ。

だいたい 誰が「いまのはバックパスだ」と判断するんです?
後ろにボールを戻したら「すべてバックパス」になるのかい?

なかには「良いバックパス」ってもんもあるでしょ。

それを「いまのはバックパスだから」って選手交代されちまったら
その選手の良いところが消えちゃうんじゃない?

そして ますます「前に 前に」のサッカーになってしまって
前にボールを運べない(ドリブル、パス)選手はただ「前に蹴っておけ!」
ってことになりそうだな。

そりゃ「前に 相手ゴールをめざす」ってことは大事だろうけど
そこへ急ぐことはないと思うんだが。

オランダでは10代の育成コーチが優秀で
長所を引き出す指導に定評がある。
日本は欠点を指摘して長所を消してしまう
そんな指導者が多い。


いやいや そんなことを言うならば
バックパス禁止なんてことはやめたほうがいいでしょ。

だいたい ドリブル突破が好きな子供とか
いつもスルーパスばかり狙うのが好きな子供とか
つねにゴールを意識して そっちへ行こうとする子供とか
犬飼さんのいう「前へ」っていう子供はいるでしょ?

まず そういう子たちを もっと褒めて(失敗しても)
もっともっとチャレンジさせること。
こういう子供たちを叱るような指導者に犬飼さんはペナルティを与えるべき。

そして、技術が伴わないせいで前を向けず
バックパスで逃げるのか
相手が怖くて(いわゆるハートの弱さ)逃げてしまうのか
そこらへんを見抜くことが 指導者には必要じゃないのかな。

だいたいが 子供たちは「失敗を恐れて」チャレンジできないのだし
じゃあなんで「失敗を恐れるのか」といえば
それは指導者や親に怒られるから。
そして、「うまい」と言われる子は
指導者や親が怒るのを見て 聞いて 知っているから
失敗した仲間に同じように怒る。

全部 一括りに「バックパス禁止」しても
子供たちは育たないのじゃないのかね

あ! もしかしてトレセンとかに選ばれてくるような
「うまい」と言われる選手たちに対してだけ実施するのかぁ?

そうすっと いまこの国で「うまい」って言われる選手の
基準まで変えていかないとだめだなぁ

だいたい 世界に出て行って通用するような選手を
「うまい」って言うとしたら
いったいどれくらいの選手が残るんだろうかね。


ますますロボット選手が増えそうで怖い。

犬飼さん曰く「金太郎飴みたいな選手」。

今度は「バックパス禁止」で金太郎飴選手ができあがるのか・・・

ちっとも自由じゃねぇな
これじゃイマジネーションもインスピレーションもアイデアも
あったもんじゃないね。


おかしいよ! ジョーダンじゃないよ!!





ジョーダンじゃないよ! バックパス禁止

 

 


 

 

久しぶりに
【酒】カテゴリー。


とは言っても
別に酒を買ったとか呑んだとかじゃないが
【酒】なんだな。

ガハハハハ!

なんだか メチャクチャわくわくするぞー
o(*'-'*o)(o*'-'*)o


またこの続きは29日に
(。-∀-) ニヒ♪



ガハハハハ わくわくするぞー!

 

 


 

 

激安カー用品発見!アウトレット価格でワケアリ商品を提供中!
カー用品と雑貨のゼンポーさんでゲット。

車中で使える加湿器
アクアミスト
(詳しくはココをクリック)

ほんのちょっとだけ(20mlくらいかな)水をいれて
連続なら約1時間 断続運転(10秒間隔)なら約3時間。


どうも40を越えてから 喉が弱くなってきたようで
イガイガするので これからの時期 乾燥 花粉 インフルエンザ
には気をつけようということで
試しに買ってみましたー







車中 加湿器

 

 


 

 

ストーンズのLIVEは東京ドームでしか観たことないが

RCのLIVEはアチャコチャ行ったぞ。
叔父貴に拉致されて行った クボコーに始まり
武道館やら横浜 群馬 栃木 
日帰りで行けるところなら行ってたな。

で、

まえどっかに書いたけど
RCの AT BUDOKAN

DVDゲットできなくて しかたなくLDをゲットして
プレーヤーねぇから いまだに観れてないんだけど 笑

それとは ぜんぜん関係ないけど
いま完全復活祭のDVDを観てる。

ブルーノートのDVDもイイけど
やっぱり武道館だな。

まだそんなこと言ってんのか

といわれそうだけどね

あの 清志郎が少しずつ回復していくスライド写真
髪の毛が少しずつ伸びて
ちょっとルパンみたいになってきて 歓声があがって
ちょっとだけツンツンになって また歓声があがって
で、自転車に乗った清志郎からメイクと衣装とピンピンに立てた髪の毛の
清志郎にさらに歓声があがって
バンドが紹介されて
(おお そうだ ここで伸ちゃんがピースしてんだよね オレこのシーン好きなんだ)

JUMPのイントロが始まって
(このときの伸ちゃんの笑顔もイイ)
ホーンセクションが入って
(このタメは さすが梅津&片山 そして渡辺)
清志郎が舞台袖から出てきてさ 
バックスタンドのお客さんたちが みんなすげぇイイ笑顔してて

オレはここまで観るだけで いまだにやべぇんだ。

そして清志郎がマイクスタンドの前に立ち
ガウンをバッと脱ぎ捨てる

オレはここまで ほんと清志郎が復活してくれて
チケットも取れて この場に居れて それだけで
ものすげぇー嬉しかったけど
どこかまだ不安はあったんだよ
だから周りの客といっしょに歓声をあげて飛んでたけど・・・

清志郎がマイクをガシッとスタンドから外して
「夜から朝にかわる~」
の「よ」で 
たったこの一発で オレはノックアウトされちまってた。

だからいまこのシーンを観るだけで ほんとさらにやべぇんだ。


どんなにカッコいいバンドを観ても聴いても
それがオーティスでもロバートジョンソンでも
R&Bやブルーズの大御所であろうと

清志郎がいちばん。

なんども書いてるが
R&Bもブルーズも清志郎が教えてくれたんだぜ

清志郎がいちばん。


だから 嫌になって腐りそうなときも
嬉しくて弾け飛んじまいそうなときも
清志郎を聴く。

もちろん いまも。



オレがいちばん清志郎を理解してんだ!
って思ってんだけど 笑

このあと 「あ~大きな勘違い」だと思い知らされるんだ

「いいことばかりはありゃしない」

でね。

ここは もうヤバいね 何度観ても。

あっ みんな同じか。

笑笑

Screenshot-1.png





原点回帰(音楽)

 

 


 

 

「嫌んなった~ もうだめだ。 でも腐るのはやめとこう♪」

十数年ぶりに憂歌団にハマってしまった。笑


だがしかし。

この手のやつは なかなかレンタル屋に置いてないのだよね


で、レンタル屋に行ったついでに
半額クーポンつかって借りてきた。
イングランズ~ニューエスト・ヒット・メイカーズ

やっぱ イイ。

ロン・ウッドのストーンズは大好きだが
ブライアン・ジョーンズのストーンズは超大好きなのだ。

ブルーズギターなら やっぱりブライアンなのだな。


で、来月映画やるね

レンタル屋で¥1200で鑑賞できる券などというものを
もらったので これ使って観に行ってやろう。


ガキの頃 ストーンズの映画 
たしかLet's Spend the Night Togetherってやつだったっけ?

学校サボって 渋谷まで行って観た。

その数年前に 池袋の日活ロマンポルノ3本立てを
こっそり観に行って ヤバい目にあっていたから
映画館に入るまでヒヤヒヤもんだった 
というか家に帰るまでヤバかった。
ストーンズに痺れながら ホドーの女の気配にビビリながら 笑


まさか もうホドー女に追いかけられることはないだろうから
たまにゃ 仕事サボって 行ってやるか。




SHINE A LIGHT 公式サイト



原点回帰(音楽)

 

 


 

 

奪られたボールは
自分で取り返す。

ドリブルでミスをしても
パスミスをしても。

相手に奪られたら
自分で取り返しにいく。

自分のミスは
自分で責任を持つ。


これがオレとクラブに集まった子供たちとの合言葉。

いわゆる原点のひとつ。



以前 TVでサッカー中継を観ているとき

ボールを奪われたラモスが
自分のポジションを崩すことなどお構いなしに
ボールを奪った相手をどこまでも執拗に追いかけて
最後はスライディングタックルをお見舞いした。

そのシーンを観ていた子供たち数名が
大笑いした。

そんな子たちは 自分が奪られたボールを
取り返そうと必死に追いかけることはない。

ドリブルをすると「個人プレーだ」とよく叱る大人がいるが
そうじゃない。

ドリブルをして奪られる
そのボールを取り返そうと追いかけないから
「個人プレー」になる。


自分のミスは 自分で取りかえす。


朝起きれないことを
「誰かが起こしてくれればいい」

勉強ができないことを
「先生が補習でもしてくれればいい」

コトがうまく運ばないとき
「誰かが口添えしてくれればいい」


なんでも他人のせいにするような奴に
奪られたボールは 自分で取りかえす
なんてことが できるわけがない。


原点回帰

Eさん ありがとうございます。



ボールを奪られたら チクショー!!と思わないとね。

技術とハート。

息子には しっかりと伝えておきました。


原点回帰(サッカー)

 

 


 

 

長女の大学入学の手続きが完了した。
(入学金支払い)


もう尻の毛まで抜かれたよ…
((+_+))



定額給付金などやらんでいいから
これからを担う子供たちのために遣ってほしいもんだ。


金無くて 行きたくても行けない子だっているだろうに。


ん? そうでもない?


少子化で子供にかける
教育資金位は余裕はあるの?


ふ~ん …



そりゃそーだな。

一人や二人なら
余計な習い事までも首回るか…。



で 我が家の定額給付金

いったいいくらになるのか

わぁーお!


ちょっとは尻に毛生え薬塗れるか


いやいや


こんな 無理やり
赤字手形を押し付けられるくらいなら
辞退だ 辞退。



と言う間もなく


嫁:「息子の学費で消えるね」



あ~あ

(TдT)


ペンペン草も生えねぇ






不毛なり

 

 


 

 

昨夜 筑紫哲也さんの追悼番組を携帯ワンセグで観た。

なにぶんにも長野の山あいのため
所々とぎれとぎれだったので
さきほど自宅のPCで Web 多事争論 で
最後の多事争論を観た。


それから今日の毎日新聞の余録

例の定額給付金について書かれている。


なるほど そのとおりだな

人は 他人の金を他人のために使うときは
節約も効率も考えないわなぁ


そして筑紫さんの言葉が まるで現代をあらわす。

未来にも 過去にも 投資していない。

ってとことは どこに?

いま この時だけを 考えている輩が多いということじゃないだろうかね。

もちろん 今、自分のことだけで精一杯というかもしれないけれど
はたして そうなんだろうか?

定額給付金なんて まさに今だけを乗り越えるために
ばらまくものだろう。


いまは もっといえば この年末は何とかなるかもしれない

でも そのツケは 何時 誰が どうやって 払うのだろうか。

ああ・・・

筑紫さんのいうように

この国はガンに侵されてしまっているよね

病気をわかっているのに

戦う術がない。



冨士夫が復活LIVEで アコギ一本で
即興 こう歌ったそうだ。

「まだ この国には ロックは根づいてないんだぜ」


70年代~80年代に ロックという武器で
国や人のおかしなことを歌って
オレたちの心に何かしら残してくれたミュージシャンたち。

その武器を しっかり受け継いでいる
ロックなミュージシャンっていないよな



冨士夫の言葉(歌)を聴いて あらためて思うわけだ。


ロックが大衆化してしまって
ロックなんだかなんなんだかわからない音楽があふれていて

でもその中に筑紫さんのような強烈なメッセージを込めた
歌を聴かせる奴はいないね。


追悼番組で放送されたやつよりも
ちょっと長いのかな?(カットされた?)

見逃した人
ぜひ Web 多事争論 を見てね。



筑紫さんの 最後の多事争論

 

 


 

 

あら?!!

西武が勝った?

涌井の代打が空振り三振して ボカチカが豪快に空振り三振して
もう流れが止まったな。

と思って そのままCSでドラえもんを観てた。笑


で、長女がバイトから帰るなり

「まったくもう 感動をありがとうセールとかで忙しかった~」

と言うので

はて? 

西武が負けて感動ありがとうなのか
巨人が負けて感動ありがとうなのか

よーくわからんので

PCでチェック。

んんんん!!??

西武が逆転で日本一だそうで。

ガハ~
むかしほどじゃないけど うれCー!!

それも埼玉出身 大宮東高時代はホームランバッターだった
平尾が決勝打。

うれCね~ やっぱやつは何かもってるんだよな

ここ数年 めっきり 野球も観なくなったが
そのむかし よく親父と親父の友達の悪オヤジたちと
西武球場に応援に行ったっけ。

”必殺仕事人 大田卓司”

の応援旗もってね。


埼玉西武ライオンズ日本一おめでとー!!



巨人ファンには悪いが

 

 


 

 


So What
490280008X
山口 冨士夫


Amazonで詳しく見る
by G-Tools 村八分
4902800039
山口 冨士夫


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




昨夜の冨士夫 復活LIVEはどうだったのだろう

ちゃんと冨士夫は来たのだろうか 笑

mixiとか見てると けっこう地方から参戦するって人もいたから
早くから並んでなきゃ入れなかったかもしれないな。

今となっては残念だけど
昨日は小学校の行事に行って
冷えた体育館の中で しっかりと身体を冷やしてやったので
腰は痛いわ 熱は再発するわで
原宿まで行く体力・気力が無かった。

ベガーズのLIVEも観たかったんだよね
(ミックルさん 行けなくてごめんね)

で、小学生の歌を聴いて帰ってきたわけだが
これがなかなか良くて 少しは救われたかな。

たださ 息子(次男)が帰ってきて
「オレ 音楽嫌いだ」とポツリ言ったのね。

ステージでは元気に大きな口を開けて歌っていたのになぁ

と思いながら 自分の小学生の時を思い出すと

オレも音楽は大嫌いだったな。

まず、高い声は出ないし 音痴だし 楽譜も読めないし
だいいち ベートーベンだモーツァルトだなんて
ぜんぜん面白くなかったしね。

よく女の子に「ダミ声でかっこ悪いー」って言われてたなぁ
そりゃしょうがないよな 高い声が出ないんだからさ。
で、音程を合わせようとすればメチャ低いところしか出せないじゃん。

だから その頃は人前で歌うのが苦手になっちまった。

でも 合唱なんかじゃ大きな口を開けてないと
先生に怒られるから ガキなりに口パクでごまかしてたよ。

マジ あの頃は音楽大嫌いだったなぁ
通信簿の音楽はいつもアヒルさんだったし。

それがね 中学になる頃かな
親父の兄弟で船乗り(遠洋)してた人がいて
その叔父貴がロックってやつを オレに教えてくれたんだよ。
(この話は 前にも書いたが)
RCの久保講堂に連れて行ってくれたしな。

よく覚えてるのは 叔父貴が歌うのよ
東北の田舎だからさ やっぱり民謡が多いのね
でも すぐやめちゃうんだよ 下手くそだから
で、「やっぱぁ こーゆーのはだめだぁ(東北訛りで)」
と言って歌うのはロックなんだよね。
それもデカい声で歌うんだけど これがまたカッコいい。

それが影響したのかどうかわからんけど
ロックを聴くようになってから
好きな歌を 思いっきり歌うことが楽しくなって
でも、学校じゃエレキ禁止だし 仕方ないからフォークギター
適当にジャカジャカやりながら歌ったりしたよ
通学路にあった大学の中や森の中で。(今なら変質者だな)

あの頃の大学生って どんな音楽聴いてたのかな

ときどき 汚ねぇ大学の兄ちゃんがギター弾いて聴かせてくれたりしたけど
いまじゃどんな曲だったのかも覚えてない。
タバコと酒を教わったのも ここの大学生からだし
髪の毛 みんな長くて 破けたジーパン履いて 痩せてて
絶対貧乏だったし 汚いし ボロボロの車しかないし
まったく あいつら とんでもねぇ奴らだったな (笑)

でも 音楽の楽しさを教えてくれたのは
学校でもないし もちろん先生でもなかったよ。

中坊のオレから見たら 大人でもないし子供でもない
ちょっとよくわからん人たちなんだけど
その人たちが教えてくれたようなもんだったな。

ちょっと大人になれたような 背伸びしたようなカンジがしたのを
覚えてる。
(部室(?)にヌードポスターが貼ってあったりして)

きっとあの時の人たち (叔父貴も含めて)って
RCとか村八分とか もうバリバリに聴いてたんだろうな

で、今 オレも聴いてる。

清志郎も冨士夫も。

ずっと いろんなことを教わってる

その中で一番は音楽は楽しいもんだってことかな。




いま 音楽が嫌いな次男だけど
いつか音楽が楽しいなと感じられるときがあると思う。

もしかしたら学校の授業かもしれないし
演歌かもしれないし 笑
フォークかもしれない。

できれば ロックだったらいいけどね
ブルースだったら もっといいな。



あ そういえば その大学の学祭へ久しぶりに行ってみようと思ったら
もう終わってた。
来年は行ってみよう。


LIVE行けなかったから こいつを買って観る!
Tumblings Live(初回限定生産)
Tumblings Live(初回限定生産)





音楽が大嫌いだった

 

 


 

 

”定額給付金”とやらがいただけるの?

オレたちゃ大人は一人あたま ¥12000だって。

おお! そりゃうれしい。

と思ったが

ちょいとまてよ。

ひと月にしたら¥1000じゃん。




で、 それって全国民に配られるわけで
総額2兆円だって?

いったい その金はどこから?
麻生さんのポケットからじゃないのはハッキリしてる 笑


高速道路も休日¥1000で走り放題ってのもある。

これも不思議。

民営化したから もう国は助けてはくれないよね?

¥1000かよ。

定額給付の2兆円も
高速道路の赤字も

けっきょく どこかで穴埋めしなくちゃならんのでしょ?

それって いつ だれが やるん?

いま景気が悪いから いまなんとかしようってのはわかる。

でもなぁ おいしい話のあとには辛い話がまってるんだよね

それ たった¥12000じゃ請け負えないぜー


子供たち一人¥20000でさ

これから大人になってから その何十倍ものお金を取られちゃうんじゃ
「そんなのいらなーい」
だってさ。


いま人気が陰ってるから いまなんとかしたいって気持ちは
オレには ぜんぜんわからねぇなー



現代の似非鼠小僧さんへ

 

 


 

 


この記事のカテゴリを何にしようか考えた。

いやいや違う。 

考える間もなくロックにした。

筑紫さんが亡くなった。

武道館では前説がなかったので
なま声は聞けなかったのだが

ときどきTVで見る筑紫さんは
まだまだ ぜんぜん 元気に見えたのに・・・

清志郎とは縁深い関係であった。

これだけ医学が進歩して
どれだけオレたちが薬を運んでも
治せない病は まだまだ たくさんある。



とてもロックなジャーナリストであり、ニュースキャスターだった
筑紫さんのご冥福をお祈りいたします。

合掌



追記
スポニチより

清志郎ショック“同士”の死「とても残念」

 筑紫哲也さんの悲報に、同じ病魔(喉=こう=頭がん)と闘病中のロック歌手・忌野清志郎(57)は大きなショックを受けた。今春には一緒に温泉へ行っており「仲間意識があったので、とても残念です」と悲痛な思いを明かした。

 喉頭がんが腰に転移し、7月から音楽活動を休止して闘病に専念している清志郎。9月に事務所スタッフが筑紫さんと話した際に「とても元気だった」と報告を受けていただけに、大きなショックを受けている。

 文書で「突然の訃報に驚いています。共に病気と闘っているという仲間意識があったのでとても残念です」とコメント。休業後、初めて公に出したコメントが筑紫さんへの追悼の言葉となった。

 88年夏、反核・反原発を歌った問題作「カバーズ」が東芝EMI(現EMIミュージック)から発売中止となった頃に知り合った。歌で社会問題に切り込む清志郎とペンで戦ってきた筑紫さんは意気投合。仕事を離れると、穏やかなほほ笑みを浮かべるところもそっくりだった。

 がんになったのは筑紫さんが1年後輩。年下の清志郎を「先輩」と呼び、病気への向き合い方を相談した。

 今年3月2日の京都でのライブには夫人同伴で訪れ、前説も担当。同月末には一緒に温泉旅行し、その時の模様は「NEWS23」でも放送された。その時の「また(前説)お願いしますよ」と言った約束は果たされなかった。清志郎は「長い間お疲れさまでした。ゆっくり休んでください」とコメント。

 清志郎の歌の中でも特に「JUMP」(04年発売)が好きだった。

 ♪なぜ悲しいニュースばかり テレビは言い続ける なぜ悲しい嘘(うそ)ばかり 俺(おれ)には聞こえる――。ニュースキャスターである筑紫さんはこの歌に、自身が貫くべき姿勢を投影していた。「あのやわらかな笑顔が忘れられません。ありがとうございました」と感謝の言葉で締めくくっている。

逝ってしまった

 

 


 

 


明日は原宿クロコで冨士夫のLIVE。

予約もないし 当日の状況で整理券配布。

なので 「朝一から行っちまおう」

と計画をしていたのだけれど。

同行する予定だったふぬけロッカー Y君が月初めの激務疲れからか
(医薬品関係は月初めがメチャクチャ忙しいのだ)
熱発により辞退。

そして オレも朝から小学校の行事に参加しなくてはならなくなった。。。
(子供たちに『ぜったいに来てね』と言われてはなぁ・・・)

クスリ漬けのおかげで体調は上向きになってきたが
まだまだ油断するわけにはいかん(なんといっても大厄中だ)

う~ん

明日のLIVEは久しぶりのガス抜きができそうで
楽しみなんだがね・・・


とりあえず 

学校の行事がすべて完了したあと
決めます。

夕方に行って 整理券なくなってたら
それもショックだしなぁ


行きたいLIVEは目白押しなんだが
おそらく今年は あと一本だろうな。

12月 京都・磔磔の木村充揮 3daysや麗蘭の3days
これは行きたいところだぜ。






いきてぇなー

 

 


 

 

ただいまCSテレ朝で放送中の
翼なき野郎ども 泉谷しげる
#19のゲストは なんと
木村充揮

そう、あの憂歌団のボーカルである(あった)。


オレが好きな国内ボーカリストNo3に入る(かな?)。


今回の放送は ひじょうにおもしろかった。

新・泉ちゃんバンド+木村充揮 ”憂鬱団”(笑) 
もう いう事なし。

次回の放送が楽しみである。
木村充揮 公式サイト


 
k-anime2.gif






ブルースマン 木村充揮

 

 


 

 

前記事を読み返して

ありゃりゃ
(あまりの睡魔に襲われてたんでね悪魔に魂を売ってました)

と思うとこがあったんで
付け加え。


このTK事件に関して
ひじょーに残念なのは
彼が作曲者として
良い才能をもっていたくせに
彼自身が作り出した曲を大事にしなかったこと。


まだ観ていない人には申し訳ないが

翼なき野郎どもって番組中
泉谷がね チャボの「ホームタウン」をやったとき

チャボが
「俺には子供がいないから合ってるかどうかわからないけど、なんか自分の子供が他所の家いってそこの洋服を着せられてね…」

云々な事を言ってるのよ

泉谷にしてもそう

同じような事を言う。



サンハウスのスーツケースブルースって曲を売ってくれ って言われたことがあったが
どこのどんなやつが歌うのかも わからんし
嫌だったから 絶対に売らんかったって
菊(柴山俊之)が言ってたこともあった。
この頃はサンハウスのメンバー 金無くて逼迫してた時期だったそうだけどね



自分で作り出した曲ってさ 自分の子供と同じだと。

だからこそ 金に代えられないし
大事に想うわけでしょ



TKも 最初はそうだったんだと思うのよ

でも それがいつか
子供じゃなくなって
みんなロボットのようになっていっちゃったのかなぁと思うとちょっと寂しい。

まぁ 借金返済のために
残されたものが自分の曲の著作権だけだったから
仕方なく だったのかもしれないがね



そんなロボットを作り出して その先に見えてるのが金儲けだけだなんて曲に
踊らされてしまうのも
寂しいもんだけどな…




規格モノ 大量生産 丸儲け 聴かされて踊る木偶也

 

 


 

 

かなり世間をお騒がせしているみたいだな
TKは。


昨日 家を出る前に新聞みたら
TK逮捕と。

「なんだ とうとう奴までクスリでパクられたか」

と思ったら 詐欺だと。


で 「なんだ?詐欺って?」
と思って よく読んでみれば 金を騙し取ったと。


はっきりいって
「あれだけ稼いで 大金持ってる奴が なんで?」

と思えば 借金まみれだったと。



なんだかよ

おとぎ話みたいで
信じられんよ オレには。


競馬で千円単位をすった とった

娘の入学金
百万単位をどうしたもんか悩む

年末ジャンボ当たらないかなぁ

いやいや
totoBIGで六億当たったら 何を買おうか

なんて夢を語り合い


汗まみれになって働いてよ
細々と生活してる者にとっちゃ
ほんと夢物語みたいな事だ。


そんなオレらでも
いい歌聴いて
そっから元気や勇気をもらって 明日の励みにしたりしてるじゃないか

でもな その歌を作った人間が
おとぎ話の世界の住人なら
下界にいるオレには
な~んにも伝わってこねぇ ってことだ。



世の中 絶えずヒットチャートを賑わす歌を作る奴がたくさんいるがね

ちゃんと 聴く耳とハートを持っていれば
それが本物かエセ師か見抜けるもんじゃないかね?


まぁ 世の中
そんな夢物語 おとぎ話の世界に憧れて 自分の足元も見えない奴が多いってことかもしれんな。



マスコミも騒ぎすぎだが

TKだって 元は しがないミュージシャンの1人だったのよ

竜宮城にずっと住み着きたくなっちゃったんだなぁ

金の魔力は怖いね

そんなに持ってるなら
オレに貸せ!
ってんだ。

( ̄w ̄)プププ



♪金さえ あればこの世のものは何でも手に入れられるのさー

幸せだって 女だって

金で買えないものはない


Oh Yes Oh Yes

この世は金さ~

金がすべてさ

この世は金さ




国の頭が
毎晩ホテルのバーで酒呑んで
カップラーメン一個400円だなんて思ってる位だからな…



おーいTK

詐欺だなんて似合わないぜ

どうせなら
その大邸宅でハッパパーティーでも開いた容疑で逝ってくれ



「僕はミュージシャンですから」

くらい言ってくれ~






※ 今回は書きすぎました
(。-∀-) ニヒ♪


なんだかアホすぎて よくわからん

 

 


 

 

とりあえず内定していた長女の大学受験。

さきほど書留が届いて

ドキドキしながら 長女自ら開封。


合格でした。


さっそく 入学時の課題があるようで

ピアノと絵本読み。




それよりも 金あるかなぁ・・・



ひとまず 合格 

 

 


 

 



いや~ たったいま終わったところだが

ひさしぶりに 震えた。


予想は見事に的中だが。
(穴 狙わなきゃ 誰でもとれた)

それよりも レコード決着というタイム。

見事な叩き合いだった。



そして・・・

おーい! 結果が出ねーぞー


と 思ったら

長~い 写真判定の末

ウォッカの差し切り。

7ヶ月ぶりのダイワスカーレットが2着。

秋天の牝馬1,2着は初めてやないか?


3才馬 ディープスカイは3着。

しかし この3頭は 強い。


いいレースだった!!!


お見事。





天皇賞 秋

 

 


DigitalClock
Flashカレンダー
管理人

kenbo

Author:kenbo
from SAITAMA

QRコード
QR
REDS
ギターコード
バロメーター
来訪者
物好きな人
プチ月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox 6/Opera 11 or later.
top bottom