病みあがりの夜☆空に・・・REMAINDERS

EROS & PEACE !!

 

 

最後だと言いながら
これだけは書きたい。笑

なんだか甲斐バンドみてぇだな 


Continue...

フジロック(TVで観ただけね)

 

 


 

 

 
Oi.
Todos o senhor são bem?

Eu sou súbito, mas nosso blog se torna o último inning nisto.

Desde que eu isto comecei como um diário pessoal, mas mostra para isto como blog

Invisível "o qual eu isto calunio e não calunio da face como" 2.ch

Eu esqueci..., eu política.

Da coisa novamente mesmo como para o que continua com haver segurado os bluess diários em futuro quando se repete; pensamento

Eu decidi que eu pretendi fazer distinção à si mesmo, e isto parar.





Tal; obrigado por queda, e olhando em blog

Muito obrigado para o todos o senhor quem eu dei comentário para

O bloggers que o senhor tiveram unem agradeça para obrigado por alguma razão!


Esta que pôde conhecer várias pessoas por blog é minha propriedade grande.


Obrigado realmente.



Além disso, quando é? 

Ligeiramente em segredo

Eu posso murmurar os bluess.


Quando eu isto achei

O senhor ama?.

Por favor leve um. voz.


Seguramente

"Yeahhh!".

Eu penso que eu posso devolver...





Então vejamos novamente algum dia.

"Amor e paz"

Sem esquecer de um "sonho!!"




Muito obrigado.


24 de julho de 2009

Gerente KENBO。



Continue...

As último saudações

 

 


 

 

なんだかなぁ

関東に帰ってきたら
ブ厚い雲の空。


まだ梅雨明けはしてないよこれ。

だいたい梅雨明けって
夕立があって、雷ゴロゴロが数日続いた後。
ってもんじゃなかったか?
いくら科学がすすんで便利になっても 先人の知恵や知識ってもんは大事にせんとな。

筋を通すってこともだよ、キミ。

オレたちが忘れちゃいかんよ。

ややこしい事でも
面倒な事でもないんだ。

本当なら当たり前の事なんだ。


それを伝えていくのは
オレたちなんだ。
親父が背中で見せてやれなくてどうするんだ。


こんなにだらしなくなった世の中で
筋を通すことは大変だ


なんだか
当たり前のことをしているのに悩んだり苦しんだりする。


そんな、もがいている親父を見て、カッコ悪いと思うか、カッコいいと思うか


いや、それを当たり前のことだと見れる人に。




フラれた女の
大事なお母さんを殺して
彼女をサラって逃げる。
そのあと何をするつもりだったんだい?


こんなニュースをみるたびに、いつも思う。


俺の、俺の
わたしの、わたしの。


じゃダメなんだって。



------------------------


昨日いた関西は いい天気。

帰り道 岐阜あたりから長野の山をみりゃ
モコモコでっかい入道雲。

ゲリラのようなスコール。

荒んだ心が洗われたような気分だ。


そして、極めつけは
諏訪湖の山の上から見えた虹。


山と雲をつなぐような虹。




RUFFY TUFFY

イマイチかなぁ
なんて思ってたけど

心に沁みるなぁ。
いいアルバムだ。




ラフに生きるにはタフにならないと。

 

 


 

 

『おい、kenよ
お前 たんつぼにされたんだな』

と古くからの仲間から電話がきた。

前記事を読んで

『お前らしい』

とも言われた。


大人になってからの友達や仲間って なかなか難しいよな って話になった。

みんなもうすでに人間形成されてしまってるし
だいたい何か一つの共通したものから始まっていて
それ以外のことは
見えない部分が多い。

ガキの頃からの付き合いなら お互いの性格や思考もけっこうわかってるから、バンバン意見も言い合えるがなぁ


という話にもなった。


だからこそ 余計な気遣いしたり
よりいっそう義理立てしたりも必要なんだよ。

とも言われた。


ちなみに この仲間とは
もう20年近くなるかな。

オレより2つ上なんだが
『俺は明治生まれだ』
などとぬかすくらい
頑固で義理堅いやつだ。


『やっぱりな、世の中
義理人情が薄くなってんだ 自分の利益や利得ばかり先行して考える。
なんでも自分に都合よく考える。
だからよ 大事な節目に
それまで世話になったもんに義理立てするってことを軽く考える。
他人のために とかじゃなくて
自分のために 自分が泥をかぶったり 汗をかいたりすることが嫌なんだよ ってか 極力避けたい。
そんな輩が多すぎ!』


まあ そこまで言わないでもいいと思うが…

でも オレも そーいうとこを よーく考えて欲しいと思うのよ
とくに子供たちにはね。

だから 感謝の気持ちを忘れない とか 自分のことは自分でやる、 後輩の面倒をみろ
って言ってきたんだよね


やっぱりさ
自分を抑えてでも
何かやらなくちゃいけない事ってあるじゃん


そりゃ
滅多にないチャンスが目の前にあって
そいつをものにするには
誰彼かまってられねぇ
ってこともある。

でも
そんなときにも 気持ちだけは持っていてほしいんだよね
素質ある選手なら
より強くね

親が挨拶して回ったからいいとかじゃなくね。

ただの通過点にしてほしくない。



オレさ
子供のサッカーに関わってきて
たくさん後悔してることがあるのよ。

なんだか オレのくだらない義理立てのせいで
息子のサッカーやる時間とか環境を奪ってしまったし
そんなときでも
上の選手や下の選手たちのことばかり気にかけちゃって
『息子が一番上手くなればいい』
とか思いながら
ろくなことしてやれなかったのね。


全部 ほっぽり投げて
息子のためだけを考えてやってれば良かったのかもしれないけどな
ほっぽり出されたやつらを考えたらそりゃできんもん。


だから
中学サッカー最後の日に
親御さんたちと挨拶にきてくれたときは
スゲー嬉しかったんだよ
そんなこと これっぽっちも考えてなかったからね。
ただ、あいつらの晴舞台を見に行ってやるか位にしか考えてなかったし

オレなんか
大したことしてやれてたわけじゃないのにさ

まぁサッカーが原因で
我が家の子供たちが崩壊しそうなこともあったけど
そんな事は選手の親にはわかるまいし。

そんな問題を乗り越えながら やり続けてきて


オレやSコーチが言ってきた
感謝の気持ちってのが
ちゃんと伝わってたんだなぁ
って思ったんだよね


それはとても嬉しかったけど
その反対で息子には
可哀想なことしちゃったな
って思いがずっとあってね
本人は言わないけど
きっとずっと我慢してたんだろうな と思う。
こういう親父だからな。


まぁ 世の中 思い通りにいかねえ事ばかりで
世知辛くて 殺伐としてるし。

損ばかりするかもしれないが
やっぱり義って大切にしなくちゃな。


しかし オレは たんつぼにされてたのか…

なんだか面白くねぇな
(笑)


以上 失礼スルゼ~♪

たんつぼ

 

 


 

 

今日は これから栗東へ向かう。


その前に ちょっと
いまある ブルーズを吐き出したい。



まったく個人的なことだが つい先ほど Aさんと訣別した。


理由は書かないでもいいだろう。




AさんとBさん

オレにとっては
よき理解者であり また人生の先輩でもあるし
サッカーを通じて知り合った仲間(同士)でもある。



はっきり言って
オレが冷静に判断できなかったのが悪いと思う。


Aさんは そんなに軽く義というものを蔑ろにする人ではない という事を忘れてしまっていた。

というか そこで忘れてしまうくらい 冷静になれてなかった。


同時にBさんが言うことが どれだけ真実なのか
本当に裏がとれている話なのか
これも冷静に判断していなかった。


Bさんという人の立場や
話の出所との関係だけで
鵜呑みにしてしまった。



ただ これはオレの悪い癖なんだが
どうも 義理とか人情とかが絡むと

『なんじゃそれ』

となってしまい
時に振り子が片方だけに振れてしまう。


まあ
何を言っても言い訳にしかならないし
結果 こうなってしまった以上 仕方ない。



『なんだよBさん
言ってること違ったじゃねーかよ』

とも言いたいが

あえて封印しておく。

ただし、『誰が言ってたのかは言わないでね』って話には今後気を付ける。



ただ オレが これだけは
しちゃイカンと思っていること

子供を本名で名指しして批判すること

これはイカンと思い
守ってきたつもり。

もしかしたら褒めたり激励してるときは本名になっちゃってるかもしれないが。


確認したら
本名では批判してなかった。



知ってる人が読んだり 見たりしたら
わかってしまうかもしれないが


誰が読んでいるのか
知人が読んでいるのか

そんなことは考えて書いていないし
本音が書けなくなっちまうしね。



ただ
今回
Aさんには 本当に悪いことをしてしまった。



もう見てはいないと思うが。


今後も頑張ってください。



訣別の歌

 

 


 

 

この記事は、音声が流れます。
PCの音量に御注意ください。

鼓膜が破けても

感動して涙がこぼれて、枕を濡らしてしまっても

責任は負えません。笑










※著作権に抵触していると判断した場合 記事を削除する可能性があります。



Continue...

ヤッホー みんな げーんきで

 

 


 

 



キッズステーションばかり観ている子供たちに

「夏休みの宿題はちゃんとやってるのかー! ごらぁ!!」

と父ちゃんの特権を行使して

録画しておいた「情熱大陸」を観た。

ぜんぜん詳しくはないけど
耳にするたび、なんかいい歌唄うなぁと感じてる

斉藤和義

ファンのあいだでは”せっちゃん”と呼ばれているらしい。
(mixi覗いてみました)


はっきりいって、30分は短い。
それでも魅力はじゅうぶん感じるし、しびれた。

けっして 妄想系なんかではないと思うが。。。


なんか言葉にはできない 独特の空気を持っていて
こういう奴の唄は好きだな。
(”奴”呼ばわりしてますが、オレより年上だったのね・・・)

CD借りてこよーっと。

(おいおい 買わねーのか! ってツッコミは無しで。)







情熱大陸 斉藤和義

 

 


 

 

なんだか 今日は涼しくて
『梅雨明け宣言 早すぎたんじゃね?』

と言いたくなるような天気。

これだと 夏休み中の子供たちが もう、うるせー うるせー 笑。

って、オレは仕事で外に出てるからいいけどね。

嫁はずっと カリカリしてるよ ハハハハ。

末っ子に 「おちゃ!」とか言われて

「自分でもってこーい!! ごらぁ!!!」

ってブチ切れてるし。


まぁ 夏休み期間中は常に平身低頭でいかないとね
こっちにまで火の粉がとんでくるから。

「ビール!!」

とか言ったら大変なことになるよきっと。。。

ぜったい 言っちゃいけない 言っちゃいけない。




そんな戦場と化した我が家。
すっかり忘れていることがある。

さっき、仕事から帰ってきて ふと思ったんだが
今年は受験生がいるんだよね 我が家。



ふつうさ、中3の夏休みっていったら大きなポイントじゃないか?

実際 オレも中3の夏休みは都内の予備校へ行ってたし。
(遊びに行ってるようなもんだったが)←そんな奴が親だからな・・・

でも まったくそんな雰囲気じゃないんだよなぁ

こんなんでいいのかね~




長女のときは もう先の展望があって
勝手に着々と準備していて すんなり決まっちまったし

長男は まぁサッカーで道を切り開くしかないってことで
遠征だ セレクションだ でサッカー三昧だった。
オレは軍資金稼ぎで忙しかった 笑。
※その後、学校の成績でも苦労したが。。。




さて、問題の次女。

こいつは 兄弟姉妹の中で、1番に現代っ子っぽい。
(GAL系になりそうだとは 長女弁)

でも、 小さな子の面倒をみたりするのが1番うまい。

はっきりいって その道にすすむべく 日々勉学に励む長女より その道向き。

しかし 本人は「小さな子は苦手~」と言う。

オレも嫁も「そんなことはないと思う」って言ってるんだけどさー

なかなか大変だよな。


長女の母校なら 助かるんだけどなぁ 制服とか。


まったく、うまくいかないもんだね。

まーでも オレの人生じゃないからな
とやかく言ってもしゃあないか。


「夢をたいせつに」っていうより

「夢をみつけよう」だな
いまの次女には。





で、 ちょっとここで愚痴を。

夏休み中 

キッズステーションばかり観てやがって
オレが録画しておいたやつがぜんぜん観れん!!

はやく 夏休み終われー!!!

ついでに、ETC ¥1000乗り放題もやめろー!!!!!



ってか、もし民主党が政権奪取したら
高速道路 無料なんでしょ?
それはやめてくれ。

子供手当ては ぜひ 早期実現して欲しいがね。




ん? なんだか あちこちに飛び交ってるぞ


ああ そうだ 夏休みだ。

受験戦争って言葉がなつかしいね。


まとまりそうもないので おわり。









受験生

 

 


 

 

もうすぐ、フジロックですね。

みなさんは行かれますか?

今年のフジロックは・・・なんかもう凄いことになっちゃうのかな



いちど、ロックフェスで清志郎を観たかったっす。。。



昨夜 フジロックの特番を観ていたのですが
その中でGossipとかいうバンド(外タレ←古い?)に、ちょっとだけ衝撃をうけました。

ありゃ すげぇ迫力だよね いろんな部分で。
放送されたのが、けっこうハードな曲だったのですが
他もあんな感じなんでしょうか?

もしも、ガリガリ ジャリジャリ ドドドドド ドドーン
ってなバンドなら聴いてみたいです。

放送された中では やはりクロマニヨンズがいいっすね
やっぱり。

ブルーハーツみたいなパンクバンドって けっこういますけど
やっぱりヒロトの声と歌なんだよな。
やっぱりこれにはかなわないっすよ。

パンクとかメタルとか チンプンカンプンな嫁もこれには頷いておりました。


しかしまぁ ロックフェス
いろんなのがあるじゃないすか。

毎年 どれかには行ってみたいなぁと思うのですが
なかなか実現しません。。。

軍資金もけっこう必要だしね





フリーターソング / 瀕死の双六問屋 付録CD収録
が身に染みる。。。


ブルースとソウルの祭典

ロックフェス

 

 


 

 

予告どおり、今日は朝からバーベキューを開催。

場所はカニ取りに行ったときにチェックしておいた
埼玉県比企郡小川町の某所。

P1000668.jpg P1000669.jpg


ふだん家で食べる食材といっしょだとはいえ
やはり、自然豊かなところで食べると、見違えるほどうまい!

ビールもうまい!!

しかしあちぃ~

ビール呑んで 氷水飲んで 汗ダラダラ流して

またビール呑んで・・・・


って 全然 酔わねぇー


にしても マジ楽しかった。


最後に、番長さんが週末買ってきておいてくれた

大中スイカ(”だいなか” と読む)

を贅沢なサイズで ガブリつく。

ここ数年 毎年食べてるけど うまいよー

これ食べたら そこらのスイカは食えないっす。


P1000675.jpg P1000674.jpg P1000673.jpg P1000672.jpg P1000676.jpg





番長さん 暑いなか お疲れ様でした。
P1000671.jpg
次は、8月のSUGOですか? 笑






バーベキューで心を洗う

 

 


 

 

FIRST(DVD付き限定盤)
汗がひいたところで このまえ貰ったこれを聴いてみた。
”ウルフルズ”
あんま好きなほうじゃないけど
トータスの歌には ときどき惚れさせられてしまうときがある。
ソロ初のアルバム オレは大歓迎。
それにしても まぁ こんなにCMタイアップ曲持ってるのか。。。




The Very Best of Otis Redding, Vol. 1
そういえば、まえにトータスが「FA.FA.FA.FA.FA」をカバーしていたなぁ
と思いだし、それならばと本家本元
オーティス。

ずーっとまえ まだガキのころ
そーだな はじめてオーティスを知ったころかな
どっかのFMで(たぶん国営)落語家の人?がナレーションつけた
オーティスの短き人生を紹介していく番組があって
それをエアチェックしたテープを擦り切れるくらい 何度も聴いた。
そのときにナレーションのうしろでかかった「Aimen」にゾクゾクしてしまったのを
よく憶えてる。
あの、切なそうに歌い出すオーティスの声がいいね。





実録 大西ユカリ・ショウ
で、オーティスを聴いていたら
なんか ソウルフルなライヴアルバムが聴きたくなったので
このまえレンタル屋で借りてきた ユカリねーさんをチョイス。
これ ずいぶん前に出てるんだけどね
やっぱいいんだよ これが。

これ聴いてると 『やっぱりSOULは大阪やな』と勝手に感じてしまう。


HOU ON
ユカリねーさんといやぁ これが最新アルバムかな?



せっかくひいた汗も ユカリねーさんのソウルのおかげで
ふたたびじんわりときてしまった。


で、ライヴといえば ライヴハウスだよなぁってことで
「不確かなメロディ」を思いだし
  
この十字架シリーズをシャッフルで聴く。
(LA MOSCAさん その節はお世話になりやした。謝謝)

いろいろ騒がれたアルバムだけど
オレは この十字架シリーズが いちばん初期のRCっぽく感じる。
ほら、トリオのころは清志郎もギター弾いてたじゃん。
で、けっこうドーンと重く深く 辛辣に突き刺さってくるような歌。
かる~く さら~っと歌っているのに
実はけっこう グサッとくるようなことを歌っていたり。


アコースティック トリオと その後のバンド形態をくらべりゃ
そりゃもちろん音のデカさは違うけど
なんていうのか清志郎の作る 歌う 曲の迫力っていうのは
ずーっと変わらないと思うんだよね。

まぁ 言葉じゃなかなか表現できないんだけど。


RUFFY TUFFY
「不確かなメロディー」といえば、秋の十字架収録の”水の泡”もいいが

RUFFY TUFFYに入っている ”QTU”もいい。
マイクロバスに揺られて あちこちのライヴハウスをまわるシーン
もう一回観たいな。




MAGIC~Kiyoshiro The  Best 

で、最後にこのベスト盤(?)を聴きながら書いてる。

”サラリーマン” とか ”500マイル”

みんなにも聴いてほしいな。


そういえば、菊花賞で菊と花田も ”500マイル”歌ってて
それはそれで味があっていいんだけどね
やっぱり 清志郎の ”500マイル”は別格だな。




さて、また汗かいてきちゃったから
風呂にでもはいってくるか。

今日は、末っ子NATSUから いっしょに風呂に入ろうと
予約が入ってるんだよね


お! 忘れていたけど
今夜は川越の花火大会やってます。

風呂に入る前に 観てくるか?



明日はバーベキューしに 小川町まで ”20マイル” 笑。


 



夏のひとときに

 

 


 

 

THE EVERLASTING -魂宗久遠-


このクソ暑苦しい中
メタルを大音量で聴く。

ヘッドフォンから直接 脳ミソの中へ流し込んでやれば
高崎のギターリフがザクザクと オレの煩悩を削り取りにくる。
樋口のタイコが腹に響く。

さっきまでベタベタまとわりついていた汗も
いつのまにかひいてる。





これ カッコいいぞ。


LIVE DVD
Munetaka Higuchi Forever Our Hero [DVD]




オレの好きなラウドネス。

 

 


 

 

今日で1学期もおわり。

約一月半 我が家は戦場と化す 笑。


中3の次女をあたまに
ピカピカの一年生(三男)まで、計4冊の通知表を眺める。

(そのうち千葉県へ出家中の長男のやつも送られてくるだろう。。。)


まぁ 親の血筋か、理数系はダメ。
体育はみんな優秀。 笑


こんなもんだな。




さて、ちょっと日にちがたってしまったが
13日の月曜日は、末っ子NATSU 3歳の誕生日だった。
DSCF0562.jpg

三つ児の魂百までと言うことわざがあるが
はたして、きちっと育てることができたのかどうか・・・

大勢の兄姉たちに、かこまれ もまれ いじられ
かなり生意気なわがまま娘になってしまったような気もする。


それでも一番手伝いをしてくれるし
”おかえりー”ってドアをあけてくれるのがオレはいちばんうれしいかな。


ここまで大きな病気も怪我もなく育ってくれたから
まぁOKってところだ。
P1000640.jpg




昨夜は久しぶりにコンビニの駐車場で車中泊したので
あまり期待しないで探してみたら
一冊だけ残ってました。
P1000663.jpg

いちおうネットで予約もしておいたんだけど
万が一(この前のタワレコのトラブル)があると思い
間髪入れずにレジへ。


なんかこう、くだらねぇ特集しか載ってない本よりもずっといいよ 

Bros。

しかも これで¥300だもんね。


で、家に帰ってきてみたら

やっぱり・・・


予約しておいたのに届いてないし メールもきてない。

買っておいてよかったぁ。


これだけは言っておきたいんだ
ブルースは忘れないほうがいい。




瀕死の双六問屋をひっぱりだして、第30話をあらためて読んだ。



















なつやすみ

 

 


 

 

20090716083010
暑いねー


今日は大阪に来てるんだけど こっちも暑いわ。

(これでもまだ近畿地方は梅雨明けしてないの?)


もうたまりませんわ
(;´д`)



暑い

 

 


 

 

2009071419130000.jpg


図書カードがあったので ついに(というか ようやく)入手。

もっと デカい本なのかと思ってたら 小さい。

でも、アルバム単位で解説してるんでいいかも。

(清志郎を聴こうぜ!!/原田和典 著 は曲別だからね)

ちゃんと音質不鮮明市場流出テープ/ザ・タイマーズまで載ってる 笑。

これみると まだまだ聴いたことのない曲があったり
とうぜん持っていないものもあったりで ちょっと汗。





今月は散財月間になりそうな気がする。。。

まぁ 無理な追いかけ方はしないけど。



忌野清志郎1951-2009 忌野清志郎 ~ 永遠のバンド・マン [雑誌] 新装版 生卵 忌野清志郎画報 TVBros.増刊 みんなの忌野清志郎 2009年 8/29号 [雑誌] ロックで独立する方法 忌野清志郎の世界












清志郎に たくさん会えるぜー

 

 


 

 

『みんながやるなら、俺もやりますよ』


『みんながやるなら、俺は先陣切ってやっちゃいますよ 
辞めたっていいと思ってますから』




この、”みんながやるなら”ってカッコ悪ぃなー


いつでもアンテナを張り巡らせているんだろうか
”みんな”を察知できるように。


先陣切れるなら ひとりでもいいんじゃね?

結果 みんなが付いてきてくれなくても
辞めたっていいと思ってるんだろ。



軽いんだよな。


やっぱ こーいう奴とは組めないぜ。


まぁ こっちは、とっくに先陣切っちゃってるんだけどね。

だから下手にオレにさわると 火傷じゃすまないとおもうよ
火の粉は間違いなく飛んでいくぜ。

覚悟しな。


会社から危険人物といわれる男

 

 


 

 

長男の試合を観てきた。

一仕事終えて 車庫へ戻る途中
父兄の方から電話があり

本庄で試合だというので かなり遠回りして観てきた。


P1000652s.jpg

いったい 何がしたいのか わからん。

落ち着かないボール
落ち着かない選手

動かないボール
走る選手


P1000654s.jpg

これでは 「うまい!」と言わせることなんてできんだろ。


あれは オシムの言う「サーカス」というところだな。




どんなサッカーをやるのか

一番ブレちゃいけない人がブレてるのか???・・・。





残念。


真 心 芯 信 

 

 


 

 

ボーナスが出た。

世間一般では ボーナスっていうと
だいたい月給の3ヶ月分とかですよね?


しかし オレのボーナスは月給の3分の1以下。

ちっとも、ボーナスなんて呼べないのぅ。。。


ん? 月給というと基本給のことか?


それだと、約2ヶ月分相当だな・・・???




でも 今年は世間的な例に違わず2割ほどダウンしてんだよな。



まぁ いいか。

ずっとこんなもんだし。



そもそも 我が家で大事なのはボーナスよりも月収だからな。

トラックドライバーに転身した20代前半から ずっと年収は(ほぼ)変わらない。

そうじゃなけりゃ お子ちゃま 7人は育てられんもん。


だから 今後も収入はUPするどころか 下手すりゃDOWN。
それに反比例して お子ちゃまにはお金がかかるようになる。
ハハハハ。


そう 考えると

いま 子供が少ないのもわかる。




それでも お金には代えられないものを
子供たちから たくさんもらってんだよね オレ。

これぞ 心のボーナス。


宝くじは買うけどねー 笑。



















ボーナス

 

 


 

 

暑い、、
暑い、、、、、
暑い、、、、、、、

暑かったねー

朝から
荷卸して、500ml
荷積みして、500ml

それからまた荷卸して イッキに1リットル。

あっという間に、2リットルのウーロン茶が無くなったー

飲んでは 出し
飲んでは 出し。


年々 暑さに弱くなっているような気がする。
新陳代謝が良い というより 自律神経の異常のような気もするんだよね。


これも歳のせいか?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




昨夜は七夕  満月でした。


ここのところ 「満月の夜」という曲が好きで
よく聴いてます。


あれだけ さんざん「雨あがりの夜空に」や「トランジスタ・ラジオ」が
TVやラジオで流されていたので

清志郎(RCサクセション)=「雨上がり」「トラジ」

みたいに思い込んでしまいそうですけど

けっして 【バリバリのロックンロール!】だけではないのですよ。


”オレたちのラヴソングを聴いて 最後まで楽しんでってくれ! たのむぜ!!”

ってステージでよく言っていたように

清志郎の曲には たくさんのラヴソングがあるんですよ。


きっと 派手なメイクに 派手な衣装。
いい歳の オッサンのくせしてチャラチャラしていて
カルい人。

っていうイメージを持っている人もいるでしょうなぁ


ぜひ 満月の夜 聴いてほしいです。




そういえば 昨夜 あるパーキングに停まったら
若い兄ちゃんが数人 ウロウロしてたんですが
雑誌カミオンの編集部の人たち(?)でした。

あっ カミオンってトラックの雑誌ね。

若いころは よく買ってたんですけどな~


なんでも アンケート集めてるってことで
トラックがパーキングに入ってくる度にアンケート用紙片手に走り回っておりました。
(小雨も降ってたのに 夜遅くまでお疲れさん)

オレのところにも来たので
(最初は 『また DVDとか売りにきたのか?』と思っちゃいました)
ひとつ協力させていただきました。


そして 御礼にこれをいただきました。

P1000646.jpg内貼り用なので反転してます


ってか これがもらえるっていうんで
アンケートに答えたようなもんですけどねー 笑






雲の切れ間から顔を出してた 
ジンライムのようなお月様が綺麗だった
満月の夜でした。





もういちど 逢えるなら 満月の夜ならば
この胸に抱きしめて 君だけにつたえたい。。。







満月の夜

 

 


 

 

『協調性はいらない、なぜなら個性がなくなるからだ。』




なにそれ?




迷言

 

 


 

 

ときどき このブログにコメントくれるKen-Gさんつながりで知った
オギテツさんのブログ。

どちらの氏も オレにとっちゃ、もう崇拝したいくらいのブルースマン。

そのオギテツさんの記事を読ませていただいて
すっかり ご無沙汰しちゃってる音源を探し出して聴いてる。

Bob Marley  The Wailers - Legend (Deluxe Edition) Front

ボブ・マーレイは オレ好きなんだけど
いま持ってるのはこの音源だけ。

他にもたくさんmp3にしたやつを持っていたけど
PCがクラッシュしたときに全部消えた。。。
やっぱCD-ROMに焼いておくべきだね。


けっこう好きなんだなー 
ブラジルフッチボゥ→サンバ→アフリカ音楽って流れで きてるからねオレ。
そこへ別の流れで、ブルースもR&Bも SOULもレゲエもオレの中で一本の河になってるから。

詳しくはないけどねー


今日一日を ボブ・マーレイに捧げよう。





ハッパとレゲエ

 

 


 

 


日本(アジア)で通用する選手を育てる
まぁそーだな Jリーガーを目指すってところか。
そんでその先に代表選手ね。

それとも世界(海外)で通用する選手を育てるか
たとえ日本代表に呼ばれなくても。


オレなら ぜったいに後者だね。

でも そのためにはドリブルができなくちゃダメだ。
自分でボールを運べなくては!

さっき 小学生の試合を観た。

Jリーガーを目指すならば この中から身体能力の高い子を
ピックアップしていけばいい。

でも ドリブルできねぇんだな これが見事に。
できてるようにみえて 実はその高い身体能力のおかげなんだっていうことに
気づいてない。

そのまま大きくなって 上のレベルへいけば いくほど
身体能力の勝負しかなくなる。

その中から 他のものより技術の高いものが生き残っていく。

でも その技術っていうのは 反復練習で身についたものじゃなく
”やらなくてもできちゃう”という身体能力でカバーした技術。

それを 世間の指導者は”天才”と呼ぶ。
そして淡い期待をする。
指導者も本人も親も。


むかーし ラモスが「日本に天才なんていないよ」って言ってたことがある。

「日本に天才は生まれないよ」って言ったんだっけかな。



その”天才”と呼ばれた子たちが大人になって
やがて日の丸をつけて 世界と戦う。
海外へ活躍の場を求めて旅立つ。

通用してるかい?



ドリブル(とはいっても ボールを追いかけてるだけなんだが)をミスって
悔しがる子に

「おしい おしい!」

ってだけか? 

自分でミスったボールを 自分で追わない 取り返しにいかないのに?



あ~あ 

それにしても ほんとドリブルの上手い子っていねぇな。

オレがみてた あの子たちは幻だったのかね。。。


また 藤沢へ観にいってくるかな
そんで そのまま愛知 尼崎と。 笑






少年サッカーを観て

 

 


 

 

ずいぶんと、ブログの更新をサボってしまった。。。

えーっと 前記事が6月の20日だから
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・約二週間もかっ!


数少ない訪問者のみなさま どうもすんません。

サボるのって ガキのころから好きなもんで。。。


まぁ 特に理由はないんですけど
気が乗らなかったんだよね

ここのところ仕事もバタバタしてたし。

だいたい、4月の終わりころからかな?

ずーっと バタバタゴロゴロしてるんだよね

そのたびに化けの皮が剥がれていくやつの多いこと多いこと。

まっ そのおかげで こっちはブルーズが溜まっていく溜まっていく。笑


5月には いろいろとショックな出来事があったし。

もうあれから二ヶ月。

ちょっと立ち止まって、後ろを振り返ってみたり 足元を見てみたいんだけど
なかなか、、、時の流れっていうのかな・・・ 速いもんね。

そん中で またいろいろな楽曲や本なんかが、あっという間に あれやこれや再販されてさ
もうそれすらも追いかけていくのがイヤんなっちゃったよ。




そうそう 最新シングルね。
発売週の土曜日に届きました ”ミラクル”っていうDVDと一緒に。

20090623221044.jpg

”Oh! RADIO”のほうは青山RRSのときに流れていたからね

あー やっぱり清志郎が歌った方がずーっといいや

ってあらためて。

で、やっぱり こっちだよね

”激しい雨(2006.05.14 Private Session)”


”Oh! RADIO”が出るってことだけで
アタマも体もテンパってしまって 笑 
カップリングってもんを すっかり忘れていたんだよね

そこへ、Blueさんの記事があって
(※これたぶん、Blueさん800本目の記事じゃないだろうか・・・)
それが本当に実現して

ほんと 夢を忘れずに! だなって思ったよ。

それで、いろんな人の記事読ませていただいて
オレも早く聴きてぇー! って思いながら
LA MOSCAさんの記事読んでさ。

「RCサクセションが聴こえた」

だよ?

これには 思いっきり煽られたよ LA MOSCAさん 笑。


しかしだなー

ぶっ飛んだな! うん 思いっきりぶっ飛んだよ。

もう、出だしからしてヤバいじゃん これ。

なんていうかな もう足のつま先からワクワクしてくるよね 
言葉にできない高揚感でさ、アタマ ぶっ飛んださ。

もちろん、夢助のS・クロッパーVerもいいけどね
こりゃー マジ チャボも三宅もコーちゃんも楽しかっただろうなー
とうぜん、清志郎もね!
そして この曲、テイクを選んだ 清志郎の息子 タッペイ!!

ミラクルに出てくる、小さなタッペイがさ 今はもう20才だよ。
そのタッペイが、
タッペイが生まれてくるずっとまえから オヤジのことが大好きなオレらに
オヤジが遺していった曲を選んでくれたってことに
感謝 For You!だぜ まったくよー

もうオレはこれでじゅうぶんだよ。

青山RRSのサントラも出るらしいが、オレはいいや。

Tシャツは欲しいな と最初は思ったが やめとく。

きっと後で「買っておけば・・・」って後悔することもあるだろうけど

清志郎が死んでしまったからって

今までよりも たくさん清志郎を聴いてるわけじゃないし

「二度と手に入らないから今のうちに」なんてことも思ってないからね。


あー それにしても ミラクルはいいなぁ。




”いまごろ”だけど やっとロキノンも読み終えた。

懐かしいものと すっかり忘れてしまっていた記事と
RCに夢中だった中坊のころを思い出しながら読んでた。

チャボのインタビュー よかったね。
オレ ずっとRC好きでよかった。

で、あと なんで坂本龍一なのかな?と思いながら読んでてね 

そのあと、「本人」ってやつ読んで もういちど坂本龍一んところ読んで 
スゲー 感動しちまった。

この「本人」に載ってる『ロックで独立する方法』っていうの?
これ書籍化してほしいわ。
ぜひ たのむ。

追記  書籍化されるんですね!!




ここ数日 ストレスに負けてんのか 
抵抗力なくした喉を細菌に占領されちまって
ときどきぶっ倒れてる。

昨日 病院へ寄って薬だけ処方してもらってきたんだけど
薬局で懐かしいやつと出くわした。

どっかで見たことあるやつだなと思ってたら
ガキのころに惚れてたナオンだった。

小さな子供が一緒だったが 
もう、40過ぎだからな 完全にオバチャンだ ハハハハ。

『清志郎 死んじゃったね』

っていきなり声かけてくるから マジびっくりだったな

オレのまわりには いなかったからさ
清志郎っていうかRCのファンって。
例に違わず このナオンもそう。
バリバリ たのきん世代だもんねー

オレ こいつにフラれたんだよなー
ラブレターに「お前が好きさ」って書いて渡したんだぜ

いろいろカッコいいこと書いたりしたんだけど
読み返してみたら、なんかカッコわりぃなぁって思えて

お前が好きさ おいらそれしか言えない
ほかのコトバ知らない
だけど コトバで何が言える


もうバリバリ RCに狂ってたからなぁ 笑。

そんなナオンも その後 清志郎の歌に目覚めたらしい。

「ようやく 君もわかったかね ハハハハ」






70年代 初期のRCを聴いたり 
その後のバンド編成になりかけを聴いたり
屋根裏時代の音源を聴いてる。

そして絶頂期のRCから清志郎ソロまで。


ほんとに、ずっと変わってないんだな。



だから オレもずっと変わらずに聴いていきますよ
墓場の中まで。


いま 録画したままになっていた特番たちを
DVDにダビングしている。


清志郎 ほんとカッコいい。


みんなも聴いたほうがいいとおもうよ







最後に

「あのころ みんながアイドルに夢中だったとき ケンボーだけは”清志郎だ”って言ってたよね。 (聖子ちゃんは好きだったけどな)
いま こんなにカッコいい人に出会えてよかったと思ってる。(ん? オレか?)
あのとき ケンボーがくれた手紙がきっかけで 清志郎を知ることができたからさ、
ほんとありがとう。(清志郎のことか・・・)
寂しいけど 元気だしていこうよ」

by 40過ぎのナオン



まぁ このブログを読んではいないとおもうので。




あのあと オレはもっと凄い告白をしたんだぜー



「ケッコンしてくれ」


まだ付き合ってもいないころ いまの嫁に。笑



”GOTTA!”
清志郎と石井さんみたいだろ?

真似したわけじゃないぜー!!




さー 今夜は 

『忌野清志郎オールナイト・ロックンロール・シアター!』 CSフジテレビネクスト

ですよー!!




テンプレを変えました。
確率は低いですが、ときどき虹が出るみたいです。
虹が出たらラッキーってことで。笑













復活 ごぶさた

 

 


DigitalClock
Flashカレンダー
管理人

kenbo

Author:kenbo
from SAITAMA

QRコード
QR
REDS
ギターコード
バロメーター
来訪者
物好きな人
プチ月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox 6/Opera 11 or later.
top bottom